脳梗塞の前兆や予防方法は?遺伝する?

最近は年齢に関係なく起こることが多い脳梗塞。

恐ろしい後遺症を考えると
なんだか心配になってしまいますよね。

このページでは・・・
脳梗塞 遺伝するのか?
前兆や予防のための生活習慣などをご紹介します。

スポンサードリンク

脳梗塞は遺伝する?

家族や親戚に脳梗塞で倒れたなんてことが次々起こると
もしかして遺伝するのでは?と急に怖くなることありますよね。

脳梗塞は遺伝しません。

・・・が。

家族で生活していると食習慣や生活も似ているので
もし同居家族の誰かが脳梗塞になったとしたら
自分も同じようになる可能性は高いです。

また、遺伝はしないけれど脳梗塞を引き起こすような
生活をしている場合は早急に改めないと
同じ目にあう確率は上がりますので要注意ですね。

脳梗塞の前兆は?

脳梗塞になる時には何かの前兆があることが多いので
それがわかっていれば対処も早くすることができます。

なにも知識がなくオロオロしているうちに
手遅れになることだけは避けたいので
前兆となる症状をここでチェックしておきましょう。

■言葉が出ない
ろれつが回らない・言葉が出てこないなどがあったら要注意。

この症状はしゃべろうとしている本人よりも
周りにいる家族のほうが気が付きやすいですので
様子がいつもと違う・変だな?と思ったら即救急です。

■片側の麻痺
右側だけ手が動かないとか左側の足がしびれるなど
体の片側だけ感覚がない麻痺が起こります。

手足だけでなく顔の半分がマヒすることもあります。

■視野が欠ける
モノが二重に見えたり、見えているはずのものが
半分欠けた状態で見えることがあります。
視野の半分だけが欠けたり、物が二重に見えたりする事があります。

■めまい
めまいが起こったり、体がフラフラしてバランスが取れなくなります。

家族ならどの症状でも「あれ?」と思うことが多いはずです。
たまたまだ・・・と見過ごすことのないよう万が一の時は
前兆をしっかり見極めて対処しましょう。

スポンサードリンク

脳梗塞の予防方法は?

脳梗塞はなってしまってからではもう遅いので
とにかく大事なのは予防なのです。

脳梗塞の引きがねとなりやすいのは
高血圧や高脂血症・糖尿病です。

特に高血圧の方は血圧を下げる薬を飲んでいるから大丈夫と
生活そのものを見直さない方も多いようですが
血圧の数値だけを一瞬下げてもそれは何の意味もないのです。

高血圧を改善するにはカルシウムやカリウム・マグネシウムなどの
ミネラルを食事から取り入れるのが大事です。

・昆布
・わかめ
・ひじき
・にぼし
・干しエビ
・あおさ(海藻)
・とろろこんぶ
体に良さそうなものばかりですね(笑)
どれも乾物なのでキッチンに常備して料理に使いましょう。

また、血液をどろどろにしないよう注意するのもポイント。
・アジやサンマ、イワシなどの青魚に含まれる油には
脳梗塞予防のための有効成分が含まれるとされています。

・納豆に含まれているナットウキナーゼは
血栓を溶かす作用があるといわれています

・梅干しもおすすめ食品の一つです。
梅のクエン酸が血液をきれいにしてくれます。

梅干しは添加物や砂糖・はちみつが含まれたものはNG。
酸っぱくてしょっぱい本物の梅干しを食べてください。

編集後記

脳梗塞ってホント、普段の生活が大事なんだなあ~と思います。

毎日何気なく食べるものや飲み物・寝る時間
ストレスなどがどんどん積み重なることで
良くも悪くも後でじわじわ効いてくるんですね。

体の調子に何となく「?」と感じた時が
生活の見直し時かもしれません。

ココロと体に負担をかけず
毎日気持ち良く過ごしたいものですね♪

スポンサードリンク

関連記事

夏風邪の症状と対処法 治し方とおすすめの食事は?
筋肉痛の回復を早めるには?食べ物や飲み物は?
頭皮の乾燥によるフケ対策は? シャンプーやオイルは?
ホタルイカに寄生虫がいる?!安全に食べる方法は?
弁当夏場は腐る?入れてはいけないものは?
風邪で喉が痛いときの食べ物や飲み物は?対処は?
白髪を抜くと増えるのは本当?改善する食べ物や予防方法は?
オートミールとグラノーラ の違いは?まずいの?選び方は?
ヨーグルトの賞味期限未開封や開封後は?切れたのを活用する方法は?
二日酔いを解消する食べ物や飲み物は?予防飲む前は?
風邪 引き始め 効果的なことや喉にいいのは?薬は飲む?
冷え性を改善する運動は?お茶や食べ物は?
心筋梗塞の症状や前兆は?狭心症の違いは?予防法は?
足が冷えると眠れないを改善 今すぐできる冷え性対策は?
風邪の咳を止める方法 飲み物や食べ物でよくなる民間療法は?

Menu

HOME

TOP