100均で<窓>防寒対策!実践・冬の寒さはアレ2枚で寒気を遮断。カンタン&安く暖房効率を上げるべし!

寒くなってくると、ずーっと暖房つけてても、中々部屋が暖まらなかったり、消せばすぐ冷える、、、なんてことありませんか?


暖房器具を変えるとか、方法は色々あるものの、まず押さえておきたいのが、<寒気のシャットアウト!>


コレ、意外と侮れないポイントです。
今回は、実際にやってみた★寒気シャットアウト策★を紹介します。

スポンサードリンク

100均で安く・手軽・カンタンに窓の防寒DIY

窓からの<寒気シャットアウト>

防寒対策に使ってみて【これ、いいわ〜!!】と実感したのが、100均の<保温アルミシート>


特に寒い季節になると、ショップではサイズ&種類が豊富に揃ってることが多いです。


アルミシートだから、ハサミでカットもカンタン!窓の大きさに合わせて、自由にリサイズ可能です。


コレ、ちょっとだけDIYしておくと、使い勝手が良くなるんですよ〜。オススメ★

ダイソー(DAISO)の保温アルミシート

さてさて。

今回購入したのが、ダイソーの保温アルミシート!我が家の窓サイズから<180センチ X 90センチ>のアルミシートを2つ購入。


大きいので、クルクルと筒状に丸めて販売されてました。


で、このアルミシートを窓をカバーするよう設置すれば、準備完了!ほぼ手間いらず。
<ちゃちゃっと防寒したーーーい>人にもオススメです。

超・カンタン!保温アルミシートのセッティング方法

超・カンタン設置なら、レースカーテンとアルミシートを、洗濯バサミで両サイド&真ん中に止めればオッケー!


アルミシートは軽量なので、洗濯バサミで十分。それに取付&取外しもラクなんです。


こんな↓↓↓感じで、サクッと止めるだけ。



見て分かりやすいよう、黄色の洗濯バサミを使いましたが、白い洗濯バサミの方がより馴染んで違和感ナシです♪

アルミシート★ちょっとだけDIY・補強編

100均なんで、壊れたらまた買えばいいんですが、、、快適に、長持ちして、使いやすいよう、ちょっとだけ手を加えてみてはいかが?


その方法をご紹介♪
ウチでは必ず<ちょっとだけDIY>してから使います。


まずはアルミシートの上下、切りっぱなしの部分を、ガムテープを貼って補強します。


そのワケは、一番使う部分だから。
洗濯バサミで止める所は、日々取付&取り外すので、劣化&破れやすくなります。


そうならないよう、最初にテープを貼って保護しておく、というワケ。


こんな↓↓↓感じで、上部の横幅(ウチでは上部&下部を補強!)をガムテープ(透明テープだと見た目もキレイ!)を貼って、補強します。

スポンサードリンク

アルミシート★ちょっとだけDIY・便利編

次なる<ちょっとだけDIY>は、便利に使うためのひと手間。
それがこの↓↓↓ヒモ!



我が家では2枚のアルミシートで窓を覆うので、1枚は左端、もう1枚は右端に穴を開け、ヒモ(またはゴム)を通します。★写真はゴムです★

(1枚だけなら、両端に穴あけ&ヒモ通しがオススメ)


ちなみに、穴を開ける部分だけ、補強を兼ねガムテープを重ねてっておくと良いですよ〜!


補強せず穴開けすると、シートが破れやすいので要注意。


で、これをどうするかと言うと・・・
カーテンレールに引っ掛けます。



ヒモ付きだと、シートの取付&取外しがちょい便利なのです★


2枚のアルミシートの両端をカーテンレールに引っ掛けたら、中央部分を重ねてこんな風に、洗濯バサミで止めるだけ。

アルミシート防寒★完成!

アルミシートの向きは、アルミ部分を外側に、白い部分を部屋側に向けてセッティング。付けてみると、こんな↓↓↓感じ。



窓に手を近づけて比べてみると、アルミシートの有る・無しで、寒気の感じかたが全然違うのを実感します。


これは確実に、寒さを防いでるーーー!!

アルミシート・もう1つのメリット!

防寒対策で使ったアルミシート、もう1つのメリットが遮光です。


もちろん、完璧な遮光ではないけど、アルミシート1枚加わると、遮光性もグッと増してビックリ!


写真左側が、アルミシート無し。右側が有り。
意外と外光を遮ってますよね?!コレ、使ってみて初めて知ったメリットでした。

アルミシートは取り外さず防寒も!

雪が降ったり、すごーーく寒い日等々。


部屋の防寒を兼ね、1日中アルミシートは取り外さず、つけっぱなしにすることも。。。


やっぱり、部屋の温度も上がりやすい感じがします。


・・・とは言え、日中シートで覆ってると、多少なりとも部屋が暗くなってしまうんですよね。


そんな時、こんな風に、折って洗濯バサミで仮止めして、外光を取り入れるのもオススメ。



東向きの部屋なら、日中けっこう明るいですが、北側だと日の入りもちょっと弱め。


電灯をつけたり、写真のように微調整して使うといいですよ〜♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

押入れのカビを除去する方法は?臭いを消すには?対策は?
大掃除のやり方 部屋は?お風呂やキッチンは?
窓のカビ掃除方法は?ゴムパッキンは?結露対策は?
水筒の洗い方 臭いを取るには?底や蓋は?
家のクモの巣対策・我が家の場合。意外にも「アレ」が効果アリでビックリ!
ハロウィンホームパーティー飾り付けは?ゲームは?料理は?
ボジョレーヌーボー選び方は?美味しい飲み方や合う料理は?
酒粕の保存方法 冷凍なら期間はどれくらい持つ?
シンサレートとは?羽毛布団より暖かい?
インスタントラーメンの美味しい作り方は?
夏の暑さ対策グッズで窓用は?フィルムやスプレーは効果ある?
スニーカーの洗い方 臭いを取る方法やきれいに保つコツは?
運動会のお弁当 サンドイッチは前日作る?おにぎりと揚げ物は?
揚げ焼きのやり方 フライパンに少量の油でサクサクにするコツ
卒園式の服装母親はブラックフォーマル?コサージュは?入学式と同じ?

Menu

HOME

TOP