五月人形は親のお下がりでもいい?誰が買う?次男は?

男の子の健康や成長を願って飾られる五月人形。

ウチもそろそろ・・・と思ってデパートで
お値段チェックして驚くのはその金額!

買うのはやめておさがりにしようかな~なんて
考える方も意外と多いものです。

このページでは・・・
・五月人形は親のお下がりでもいい?
・飾りは誰が買うものなの?
・次男のもいるの?
3つの疑問を解決します★

スポンサードリンク

五月人形は親のお下がりでもいい?

五月人形はあったほうがいいよなあ~。
でも買うとなると考えてしまいますよね。

そんな時思い浮かぶのは親のお下がり。
もし使えるなら0円だしこんないい話はありません。

でもちょっと待ってください。
子供のための五月人形は親のお下がりを
使ってもいいのでしょうか?

そもそも五月人形はどうして飾るか?
これは子供に降りかかる災いを五月人形が身代わりになり
守ってくれるという意味を持っています。

なので男の子1人に五月人形1つというのが基本

親を守っていた五月人形は親を守るものであって
子供を守ってはくれないからです。

ただ最近では「あるものを大事に使おう」
という意識が強くなってきていることもあり
「良いものを引き継ぐ」という感覚で
親の五月人形を使うことも多々あるようです。

地域や家によっても考え方の違いはありますので
まずは夫婦で相談しご両親とも
話してみるといいかもしれません。

その上で、やっぱり身を守る大事なものだから
五月人形を買ったほうが良いということなら
それに従い新しく五月人形を
検討してみてはいかがでしょうか?

五月人形は誰が買うもの?

五月人形はやっぱり購入したほうがよい!となった時
出資者が誰になるのか?は大きな問題です。

コレ、結構もめるモトになる話なので
慎重に進めたほうがいいのは確か。

一般的にはお嫁さん側の実家が
そろえるとされています。
これはお雛様でも同じですね。

ただ、地域により違いがあるので
ご両親がどんなふうに考えているかは要確認。

例えば関西と関東ではやり方も違います。

関西では男の子でも女の子でも
初節句はお嫁さん側の実家。

関東では男の子の初節句ならご主人側の実家で用意し
女の子の初節句ならお嫁さん側でということが多いです。

そんなものは関係なく孫のことは
ウチが全部やる!とばかりに相談なしで
片方の親がどんどんやってしまうこともあります。

孫かわいさからくる思いだとは思いますが
親たちが暴走しないように事前の相談や取り決めをし
きちんと話し合ったほうがいいと思います。

親世代は言い出したら聞かないことが多いので
話がうまくまとまるよう根回しをするなり
ご主人に頑張ってもらうなりして
話がこじれないよう細心の注意を払いましょう。

また、親に頼らず自分たちで自由に選び
五月人形を買う方も意外と多いです。

親に買ってもらうとなると、買う方としては
値段と豪華さだけで選んでしまいがち。

そのため実際に飾ってみると
部屋のインテリアに合わなかったり好みが違う、
サイズが大きすぎるなど不満が出てくるものです。

気持ちよく飾るためには誰のお金もあてにせず
好きなものを自分の意思で選んで買うのが
一番いいのかもしれませんね。
スポンサードリンク


五月人形は次男も必要?

一難去ってまた一難・・・
今度は2人目の次男はどうしたらいいか?

五月人形は1人にひとつってことは分かっていても
狭い部屋に同じような人形を2つも飾る
スペースはないというご家庭も多いはず。

どうして五月人形を飾るのか?の意味からすると
長男次男での共用はNGではありますが
金銭面やスペースの問題から最近では
2つ目の五月人形を購入することは少ないです。

私の友人は長男の時は五月人形を購入し
次男の時は鯉のぼりにしたそうです。

2つ同じものを買いそろえるよりも
どうせなら飾るスペースの違うものや
別のもののほうがいいかもしれませんね。

編集後記

子供がいるとお祝いだなんだと
両親も巻き込む出来事がたくさんあり
めんどくさいなあと思う時もありますよね。

どれもお金がからむことですし
家vs家のメンツに関わることだったりすると
どっちでもいいようなことが
大きなトラブルのもとになったりします。

一番大事なのは子供を思う気持ち。

五月人形の飾りはもちろん大切なことですが
子供からしたらそんな飾りはどうでもよくて
こどもの日にお母さんが作ってくれる料理の方が
何よりも楽しみで思い出に残ることなのではないでしょうか。

私の周りでも色々ないざこざを見聞きしますが
大人の都合で物事を進めると必ず行き違いや
衝突が起こるなあという印象です。

大人はもっと子供の気持ちに寄り添って
何が一番大事なのか?をしっかり考えるほうが
いいのではないかなぁと思ったりします。

めんどくさい事をうまくすり抜けていくのも
大人の勉強なのかもしれませんね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

お雛様いつから飾る?場所や左右どっち?
端午の節句の意味由来や食べ物は?ちまきや柏餅は?
七五三の時期年齢は?早生まれの女の子は?数え年 満?
初詣 喪中は神社のお参りダメ?厄払いやお守りは?
成人式のお祝い相場 姪は?祝儀袋の書き方は?いつ渡す?
お正月飾り 玄関位置は?いつまで? 処分方法は?
お彼岸の意味は?お盆の違いは?おはぎの作り方は意外と簡単!
おみくじ 凶を引いたら?もう一回いい?持ち帰るの?
恵方巻きの食べ方 方角は?無言で丸かぶり?切るのはダメ?
土用の丑の日 うなぎの由来は?うのつく食べ物は?
初詣 神社とお寺の違いは?どっちがいい?お参りの仕方は?
半夏生とは?タコを食べる由来は?
処暑とは?食べ物は?いつなの?
鯉のぼりいつまであげる?片付ける時洗濯する?保管は?
お中元のやめどきは?やめる方法は?手紙で知らせる?

Menu

HOME

TOP