頻尿の回数や原因女性なら?トイレが近いのを治す改善方法は?

さっき行ったばかりなのにまたトイレ・・・

冷える季節はもちろん、そうでなくても
1日何度も往復する頻尿は悩みのタネですね。

このページでは頻尿についての基本的なことをはじめ
女性の頻尿の原因やトイレが近いのを
治す方法についてご紹介します。

さあ一緒に良い方法を探してみましょう!

スポンサードリンク

頻尿なら回数はどれくらい?

トイレが近くて困る~という女性は結構多いもの。

トイレに行く回数が多いと自分は頻尿だと
思い込んでいる場合もあるかと思います。

そもそも1日に何回くらいトイレに行くのが
「頻尿」なのでしょうか?

起きている時間帯に9回以上・寝ている時間帯に2回以上
トイレに行く場合は「頻尿」と呼ばれる症状に近いです。


普通であれば起きている時間帯に4回から多くても8回くらい。
寝ている時間帯はトイレに起きないか行っても1回くらい。

ただ、回数がぴったり一致したからと言って一概に
「頻尿」と決めつけずあくまで目安としてとらえてくださいね。

寒い日もあります。
体が冷え切ってる時もあれば
体調を崩している時もあります。

トイレに行く回数が人よりちょっと多いかな?
程度で自分はそれほど気になっていないなら
あまり気にしなくても大丈夫。

ちょっと心配なのは、頻尿だからと外出をやめてしまったり
トイレがなかったらどうしよう?そればかり気になってしまう時。

これでは精神的にも良くないスパイラルに入ってしまうので
病院に行って相談・治療したほうがいいレベルです。

1人で悩まない。これだけは守ってくださいね♪

頻尿の原因 女性なら?

女性の頻尿の原因 は一体何なのでしょうか?

考えられる原因は病気やストレス、習慣性のものなどです。

・そのなかでも「過活動膀胱」は意外と多いのですが
言葉を聞いたことありますでしょうか?

過活動膀胱は突然猛烈な尿意が始まりますので
トイレが間に合わな買ったりということが起こります。

これをきっかけに外出が怖くなって精神的な病気に
陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

・ストレス性のものは強い緊張や不安があると頻尿が起こります。
後でトイレに行く時間がなかったら困る!など心配するあまり
トイレのことばかり気になるというココロの状態からくることもあります。

・習慣性のものは
「今トイレにそれほど行きたくないけど一応行っておこう」
というのが癖になっている場合の頻尿です。

膀胱炎で苦しんだ経験があったりすると、
まだトイレに行くほどではないのに
つい行ってしまうのが原因です。

原因にも色々なタイプがあります。
何が元で頻尿になっているのかを
明らかにすることで解決策も出やすくなります。

スポンサードリンク

トイレが近いのを治す改善方法は?

頻尿がひどくなってくると生活そのものが
成り立たなくなってしまうこともあります。

トイレが近いのを治すにはどうしたらいいのでしょうか?

ココからは体操や心のケア、食事など
おすすめの改善方法をご紹介します。

■体操
骨盤底筋がゆるむことで過活動膀胱を
引き起こす原因になっていることもあります。

ここではそれを解消する体操を動画でご紹介します。
簡単なので毎日やってみてくださいね。

■食事
体の冷えが原因の場合は体を温める食べ物がお勧めです。
例えばショウガやネギ。
ゴボウやニンジンなどを食事に取り入れてみてください。

腎臓の衰えが原因で起こる頻尿なら
ゴボウやゴマ、サトイモや山芋、シジミなどがいいですよ。

■ストレス対策
会議で緊張するとトイレに行きたくなるなどはよくありますが
問題なのは激しいストレスや緊張が長期間続いた時です。

神経性の頻尿になってしまうとどこにいても
トイレのことばかり考えてしまい大変ですよね。

あまりにひどい状態なら病院に行ったり心療内科で
相談するのもアリですが・・・

それよりもストレスから開放して
自分を楽にしてあげることが一番重要だと思います。

リラックスすることややっていて楽しいことありませんか?
スポーツでもいいし絵を描くことでもOK。
アロマに癒されたり花を育てることでもいいですね。

なにも思いつかない!というなら音楽はどうでしょう?

私も気持がざわざわするときは
心地よい音楽で心を落ち着かせています。

心が洗わるような透明感のある音色が気持ちを穏やかにしてくれます。
1日に何度も聞いてリラックスしてくださいね。

編集後記

頻尿を自分のココロにとどめたままだと
心配ばかりが膨らむことありますよね。

女性はトイレの悩みを抱えていることが多く
何かのきっかけでトイレの話をすると
「実は私もなんだ~・・・」となることよくあります。

大丈夫。頻尿は治りますから心配しないでくださいね♪

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP