睡眠時間は最低何時間必要?短くする方法は?病気になる?

1日のうちかなりの時間を使う睡眠。

仕事も忙しいしやることいっぱいの毎日を
どうにかするには睡眠時間を削れば解決するのにな~って
思うことありませんか?

このページでは・・・
・人間に必要な睡眠時間は最低何時間とればいいのか?
・睡眠時間をどうやって短くするのか?
・睡眠時間が短いと健康に影響があるのか?
気になる3点についてご紹介します。

スポンサードリンク

睡眠時間は最低何時間必要?

毎日の睡眠って365日の合計睡眠時間数を
計算してみるとどんでもない数字が出てきます!

睡眠のために使っている時間はものすごく長いですよね。
だからこそ1日24時間しかない時間の過ごしかたはとっても重要です。

この睡眠時間を少しでも減らして好きなことや
やりたいことに時間を使いたいなあ~という場合は
なんとか減らせないものかと考えるもの。

一般的には睡眠時間の理想は6~8時間とされていますが
睡眠時間を減らすとしたら1日最低何時間とればいいのでしょうか?

人によっては3時間でも全く平気という人もいれば
何時間寝ても眠くて起きれないという人もいます。

なので1日に取るべき睡眠時間の長さは
人それぞれ違うのです。

体調や疲れ度合、体質、生活習慣、病気など
色々なものに関係しているのが睡眠ですので
「何時間必要か?」の答えはなかなか難しいです。

・・・が。

あえて最低睡眠時間を設定するとすれば「4.5時間」です。
それには理由があります。

人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠が
あるというのを聞いたことがあると思います。

深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠の1クールが1.5時間。

この1.5時間を基本にして3時間・4.5時間・6時間・7.5時間・・・
というふうに睡眠サイクルが行われています。

ココからが本題。
人間の睡眠時間は最初の3時間に成長ホルモンが分泌される
一番大事な時間なのでここは睡眠必須です。

睡眠時間を短くしたいのなら3時間で睡眠時間を
切りたいところですが4.5時間まではまだ眠りが深いので、
3時間+1.5時間で体の修復をしっかりやるのがベスト。

・・・というわけで個人的な意見としてですが
最低睡眠時間は4.5時間という数字を出してみました。

試しにやってみると意外にいけるかも?と思うかもデス。

睡眠時間を短くする方法は?

睡眠時間が短くなると生活スタイルは
かなり変わることに驚くかもしれません。

さて今度は、どうしたら睡眠の質を保ちつつ
睡眠時間を短くすることができるのか?についてです。

その方法は・・・?

睡眠時間少しづつ減らしていき
体を慣れさせていきます。

まずは睡眠時間を30分短くしそれを3週間続けます。
起きる時間はいつもといっしょにするのがポイントです。

もうちょっと詳しく説明しますね

例えば今9時間睡眠だとします。
   ↓↓↓
30分短縮し8時間半睡眠にします。(起きる時間は一緒にします)
これを3週間続けます。
3週間たって体に無理がないなら次の段階に進みます。
   ↓↓↓
今度は30分短縮し8時間睡眠にします・・・といった具合に続けていき
様子を見て理想の睡眠時間まで減らしていきます。

注意点は、3週間続けても眠すぎて起きれないという場合は
もう1週間続けて様子を見ます。
合計4週間短縮睡眠を試してみて、
それでも眠いようならそこでストップ。

あなたにとっての心地よい睡眠時間は
それ以上短くしてはダメというサインですので、
もう睡眠時間を減らすのは無理です。

また、短時間でも気分すっきり!の状態で
目を覚ますためには睡眠サイクルに合わせるのがコツ。

90分単位が1クールである「眠りが浅いレム睡眠」に合わせ
1.5時間・3時間・4.5時間・6時間・7.5時間・9時間のどれかで
目覚めるようにすれば比較的楽に起きることができます。

人間のカラダってすごいですよね~★

睡眠時間が短いと病気になる?

睡眠時間が短くなればやりたいことができるチャンスは
増えますが病気になっては意味がありません。

日中に酷使している脳の疲れやストレス、
体の疲労をリセットしてくれる
重要な役割を担っているのが睡眠だからです。

睡眠時間が短いと様々な病気を引き起こす原因となることが
多々ありますので実はとっても怖いんです。

例えば免疫力が低下する。
気力も判断力も低下する
鬱になりやすい
脳卒中リスクが高まる
・・・などなど色々キケンなウワサも多いので
単純に睡眠を減らせば良いという話ではないのですね。

本来なら「何時間で起きるか」は自分の体が決めることなので
自然に目が覚める時間があなたにとって一番最適な時間なのです。

本当は睡眠時間が足りないのに無理やりやっていると
必ず後で2倍3倍となってしっぺ返しがきます。

短い睡眠時間に全く無理がなく自分に合っているなら
病気になる可能性は低いですが起きるのがつらいのに
無理をしているならリスクが高まるのは当然です。

睡眠時間のむやみな短縮をせず
自分の体に耳を傾けて最適な眠りをとってくださいね♪

編集後記

実は私、以前は3時間睡眠という
ショートスリーパーでして♪

短時間睡眠が自分の体のサイクルと
合っていたので毎日快適でした。

もちろん病気もしたことがないですし
睡眠はめっちゃ深いんです。

3時間しか寝てないのに、
良く寝たな~と思って起きるんです(笑)

でも歳を追うごとにそれもだんだん変化して
今は6時間睡眠に落ち着きました。
自然と目が覚めるのが6時間なのです。

体の修復に時間がかかるようになったんでしょうかね?

スポンサードリンク

関連記事

エコノミークラス症候群の原因は?症状や対策は?
寝かせ玄米とは?効果や作り方 炊飯器は?
風邪 卵酒の効果や作り方は?子供は飲める?
魚の骨の取り方 喉に刺さったら?唾液で溶ける?病院何科に行く?
風邪に効く料理スープは?飲み物で簡単なのは?コンビニなら?
二日酔い予防 飲む前や飲んだ後は?飲み方は?
熱を下げる方法は汗をかくこと?お風呂や冷やす場所は?
胃下垂とは?原因や治す方法は?
蚊がいなくなるスプレーの効果は?人体への影響や赤ちゃんは大丈夫?
扇風機とサーキュレーターの違い 電気代24時間とエアコンでは?
子供の風邪病院に行く目安は?耳鼻科小児科?うつらない方法は?
加湿器アロマ効果は?選び方は?オイルおすすめは?
男の部屋 臭いの原因や対策は?取り方は?
ヨーグルトの賞味期限未開封や開封後は?切れたのを活用する方法は?
いぼ痔とはどんなの?原因 や症状は?治し方は自力でもOK?

Menu

HOME

TOP