お中元の時期は関東と関西で違う?マナーは?ランキングは?

毎年やってくるお中元の時期!

そういえば実家にいる頃は夏のある時期になると
おいしいお届けものが次々やってきたっけ。

私は包装紙を破って中身を開けて
美味しくいただくだけの係(?)なので
お中元についてのめんどくさい決まりごとは
知らずに大きくなってしまいました(笑)

社会人になった今はそうもいかず、
お中元などのマナーについて詳しかった母に
いろいろ教わっておくんだったなあとよく思います。


最近はめんどくさいことなし!という暗黙の了解で
お互い何も贈らないってことも多くなってきましたね。

でも日頃からお世話になっている方には
日本の素敵な風習を利用して感謝の気持ちを伝えたいもの。

めんどう!わからない!を「感謝」という品物に変えて
アリガトウを伝えられたらステキですね!

スポンサードリンク

お中元の時期は関東と関西で違う?

お中元を贈ろう!という段階になってハタと
気がつくのが「いつ贈ればいいの?」ってこと。

年々早まるデパートのお中元商戦の影響もあり、
お中元の時期がわかりにくくなってきていますよね~。
(早割り予約とかいろいろあるしね)

そもそも時期は一体いつなの・・・?

お中元を贈る時期は7月初旬から8月15日位までとされていますが
地域によっても違いますのでさっそくチェックしてみましょう!
● 関東は7月初旬~7月15日位。
 ですが、年々早まる傾向になっていて
実際には6月下旬から始まっているようです。

● 関西は8月1初旬~8月15日位とされていますが
こちらも早め傾向になっているようで
地域によっては関東とあまり変わらないってことも。

余談ですが。
ウチの実家は会社をやっていたのですが
みんなが贈る時期とかぶってしまうと
せっかくのお中元が埋もれる!という理由で
かなり早くに手配していました。

個人で贈るか、会社なのかによっても色々思惑があるんですね~

お中元のマナー

■時期を過ぎてしまったら?
お中元の手配をしなきゃ・・・と思いつつも
忙しくてつい時期を逃してしまった!
なんてこともあると思います。

そんな時は~暑中お見舞い~に。
立秋をすぎたら~残暑お見舞~
とすれば贈ることができますよ!

■喪中の時は?
悲しいことがあったのにお中元を贈っても
大丈夫なのかな?と心配になりますよね。

お中元は何かのお祝いにってことではないので
不幸があったとしても問題ありません。

ちなみに私の場合は、お中元本来の時期よりも
少し遅めにして「暑中お見舞い」で
無地のしにしています。

「贈る」という行為は一緒なのですが
気持ちがデリケートになっているだけに
さりげない心遣いは必要かなあと思っています。

■アレルギーは大丈夫?
もしも、そばアレルギーだったら?

牛乳がダメならアイスクリームはNG!

アレルギーを起こす可能性のある食品もありますので
その辺のリサーチもぜひ忘れずに!

スポンサードリンク

お中元ランキングは?

お中元の贈る時期はマナーが少しわかったところで
最後に一番大事な品物選びです。

個人か会社か、誰に送るかにもよりますが
お中元の相場金額は3000円~5000円が目安。

では実際に何を贈ったらいいのでしょうか?
もらった人が喜んでくれるモノを探してみましょう!

ここからは、お中元におすすめの商品を
ランキングでざっとご紹介しますね!

ん~~~悩むっ!

第一位はやっぱりビール!
ド定番なんですが根強い人気があります。

季節限定や素材にこだわったものなどを贈るのもいいですね!

第2位は・・・商品券!
何にしようかと考えなくてもいいし
相手も好きなものが買えるのでいいですよね~。

私ももらうなら商品券が一番うれしかったです!

第3位はハムやお肉

自分ではなかなか買えない高級なお肉やハムなどの加工品は
日持ちもしますしとても喜ばれます。

では4位以下を一気に見てみましょう!

第4位 お菓子・チョコレート

第5位 コーヒー 紅茶

第6位 そうめんなどの麺類

第7位 ジュース

第8位 季節の果物

第9位 アイスクリーム

第10位 お米

すぐに賞味期限が切れてしまうものは
迷惑になる可能性もあるので避けましょう。

私はアイスクリームをもらうとすっごく嬉しかったですね!

夏ですし、ちょっと高級なアイスクリームが
冷凍庫にいっぱい入ってる幸福感(笑)がたまりませ~ん★

まとめ

お中元のお悩みは少し解消しましたでしょうか?

そもそも贈る必要あるの?
めんどくさい!と思われがちなお中元。

ですが、会社にせよ個人にしろ
届け物1つで人間関係がうまくいったり
気持ちが伝わったり色々な良い効果があることも事実。

普段はなかなか口にして感謝を伝える機会って
あまりないので、日本独特の風習をつかって
楽しんでみるのも面白いです!

堅苦しく考えずにぜひトライしてみてくださいね★

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

初詣 喪中は神社のお参りダメ?厄払いやお守りは?
母の日のプレゼントおすすめ義母なら?メッセージは?連名がいい?
お中元のやめどきは?やめる方法は?手紙で知らせる?
初詣 神社とお寺の違いは?どっちがいい?お参りの仕方は?
暑中見舞いの時期はいつから?喪中なら?文例は?
七五三の時期年齢は?早生まれの女の子は?数え年 満?
節分 豆のまき方やまいた後は拾って食べる?残ったら?
鯉のぼりの意味や由来は?色や矢車は?
父の日プレゼントは何がいい?おすすめは?50代なら?
処暑とは?食べ物は?いつなの?
おみくじ 凶を引いたら?もう一回いい?持ち帰るの?
母の日 義母へプレゼントの予算は?初めてなら?花以外は?
七五三 親の服装は?色は?写真撮影の時は?
雛人形結婚後や娘に譲るのはダメ?どっちの親が買う?
母の日プレゼントおすすめは?花なら?50代なら?

Menu

HOME

TOP