七草粥レシピご飯から作れる?トッピングは?合うおかずは?

お正月気分も抜けてきたころやってくる七草粥の時期♪

作りたいけど時間かかるしめんどくさいのよね~
そんな声も多く聞かれます。

ふきこぼれないように弱火で作っていると
結局40~50分くらいはガス台に
張り付いてなきゃいけませんし。

このページではお米ではなく炊いたご飯を使用した
七草粥の簡単な作り方やお粥を美味しく食べるための
トッピングなどをご紹介します。

一緒に食べるおかずは何がいい?という
よくある疑問も一緒に解決しますよ~

スポンサードリンク

七草粥のレシピ ご飯から作れる?

お粥ってお米から炊くと結構時間がかかるのが難点!

七草粥というとお米からコトコト煮るという
イメージがありますがご飯から気軽に作ることができます。

冷やご飯の残りを使って作れば半分程度の時間で
簡単にできますし、残り物も使えて一石二鳥♪

お粥をコトコト煮ている間に
ちょっとしたおかずを作れば完璧~。

ここではご飯から作る七草粥の
2人分レシピをご紹介します。

用意するものは・・・
ごはん 茶碗1杯分
水 500CC
塩 小さじ1.5
七草セット1パック

作り方はとっても簡単!
鍋に七草以外の材料を全部いれて弱火でコトコト15~20分煮ます。
ときどき焦げないように混ぜてくださいね。
   ↓↓↓↓↓
フタをして火を止めそのまま15分放置。
  ↓↓↓↓↓
その間に七草の下準備をしておきます。
沸騰したお湯で七草をさっと茹でたら細かくカット
  ↓↓↓↓↓
先ほどおお粥の鍋に再度火をつけて
ゆでた七草を加えて5分煮ます。

七草は苦みが気にならなければ下ゆでせず
刻んだものを最後に入れて5~6分煮るだけでOKです。
春の苦みもしっかり感じるお粥に仕上がります♪

煮詰め具合は水でちょうどいい濃度に調節してくださいね。

七草粥のトッピングは?

ごちそう疲れのお腹をリセットしてくれる七草粥。

さあどうぞ~!という合図でお粥を
モリモリ食べてくれるかと思いきや、
「七草粥ってそんな好きじゃないし・・・」

そんなむごい言葉が出た時はトッピングの出番です。

本来ならほんのりとした塩味で七草の苦みとともに
頂くのが普通ですが食べにくい時には
無理なく食べてもらえる工夫をしましょう。

おすすめのトッピングは
・鮭のほぐしたの
・焼き豚(お正月の余りないですか?)
・しらす
・たくあんの刻んだの
・塩コンブ
・カリカリベーコン
・なめたけ
・梅干し

日々おかずの多い食事が当たり前になっていると
七草粥そのもののシンプルな味わいでは
物足りないと感じることが多いようです。

洋風和風色々なタイプのトッピングをずらりと用意すると
みんな楽しんでお粥を食べてくれますよ。

スポンサードリンク

七草粥に合うおかずは?

ごちそう疲れした胃を休ませたいところですが
やっぱりお粥だけじゃ足りない!ということもあります。

そんな時はちょっとおかずも用意しましょう。
七草粥 に合うおすすめおかずをご紹介します

・煮魚
ホロっと身がとれて脂も乗ってる銀ダラの煮つけは大人気!
カレイもいいですね~

・焼き魚
鰺やホッケ、塩サバも合いますよ!

・肉じゃが
野菜もたっぷり食べれる肉じゃがは甘辛味にすれば
お粥ともぴったりです。

・佃煮や漬物
これがあるとおかずがどんどん進みます。
お歳暮にもらった牛肉やアサリなどの
高級佃煮などがあればそれを使ってもいいですね★

編集後記

七草粥いかがでしたか?
最近はスーパーで七草粥セットが売っているので
とても便利ですよね。

でも七草粥だからといって7種類用意しなくてもいいのでは?と
ウチでは好きなものを3~5種類程度単品で買ってきたりもします。

行事にうるさいジジババもいないので(笑)
こだわらず自由に作っています。

スポンサードリンク

関連記事

お年玉は親にあげる? 金額や渡し方は?
固い鏡餅の切り方 簡単な方法はコレ!
鯉のぼりの上げ方 ベランダは?雨の日や夜はしまうの?
処暑とは?食べ物は?いつなの?
父の日プレゼントは何がいい?おすすめは?50代なら?
父の日のプレゼント義父なら?おすすめは?NGな贈り物は?
母の日プレゼントおすすめは?花なら?50代なら?
七五三の時期年齢は?早生まれの女の子は?数え年 満?
五月人形は何歳まで飾るの?処分の仕方は?寄付できる?
おみくじ 凶を引いたら?もう一回いい?持ち帰るの?
母の日 義母へプレゼントの予算は?初めてなら?花以外は?
雛人形結婚後や娘に譲るのはダメ?どっちの親が買う?
節分の豆まきには大豆?落花生でもいいってホント?
クリスマスプレゼント 彼女ネックレスブランドや20代は?ティファニーは?
節分 柊の意味や飾り方は?鰯はいつまで?

Menu

HOME

TOP