おみくじ 凶を引いたら?もう一回いい?持ち帰るの?

初詣のついでについつい引きたくなっちゃうおみくじ♪

運試しっ!っとたまたまやる人もいれば、
毎年の恒例って方もいらっしゃるかと思います。

このページではおみくじで凶を引いたらどうしたらいいのか?
もう一回おみくじをやってもいいのか?
引き当てたものは持ち帰るのか枝に結ぶのか?
気になる疑問をスッキリさせちゃいます★

スポンサードリンク

おみくじで凶を引いたら?

初詣でいきなりの「凶」が出たらどうします?

今年1年いったいどうなってしまうんだろう?!と
お正月早々不安になってしまいますね。

でも凶ってそんなに悪いものなのでしょうか?
おみくじの順番的には何番目に位置するのかも気になります。

ざっくり7つに分けると下から2番目ですが・・・。
   ↓↓↓↓↓
大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶

こちらのように細かく分けた場合は
下から5番目とそう悪くない位置。
   ↓↓↓↓↓
大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

自分で考えているほどそんなに
最悪ってわけじゃないでしょう?(笑)

一見、すごく悪いことが起こりそうなおみくじの「凶」は
そもそも、そんなに良くないものなのでしょうか?

おみくじに書いてあるメッセージは
大吉であろうと大凶であろうと今後自分に
必要だと思われる神社・お寺からの助言です。

おみくじの結果として出る吉凶に良い悪いはなく、
今後起こりうることや気を付けるべき行動や
考え方について書かれているだけで今年の運勢を
占うものではないということを頭に入れておきましょう。

その助言の意味をしっかりととらえることで
危険を回避できたり物事がうまく回るようにできます。

例えばおみくじで「凶」が出たからこそ
いつもより注意深く行動する様になることで
結局は良い結果が得られるということにつながりますよね。

「凶」が出たからといって悲しむことはありません。
「大吉」が出て気を抜くよりずっといいかもしれませんよ♪

おみくじで凶がでたらもう一回引いてもいい?

おみくじの結果は関係ない!とはわかっていても
どうしても気になって「もう一度引きたい」と
思うことはないでしょうか? 

再度引いたら今度は「大吉」が出て
気分も晴れやかになりますしね。

その気持ちはとてもよくわかるのですが・・・我慢してください。
おみくじを引いたその日はとりあえず帰りましょう。

・・・で。

やっぱり気になる!どうしてもぉー!!という場合は
日を改めておみくじを引きに行きましょう♪


スポンサードリンク

おみくじで凶が出たら持ち帰る?結ぶ?

さてさて。
おみくじを引いたあと、その後はどうしていますか?

木に結んでいる人がいるとそうするのが
マナーなのかな?と思いがちですよね。

よく言われているのは「大吉」などの
自分にとって良いと思われるおみくじは持ち帰り、
「凶」などの場合は木に結ぶという方法。

持って帰ろうが結ぼうが・・・実はどっちでもいいんです!

ちなみに私の場合は、どんな結果のおみくじでも持って帰ります。

なぜかというと、生活していく上で迷うことや疑問に思うことがあった時
そっとしまっておいたおみくじのメッセージを読み返してみると
答えのヒントになることっていっぱいあるんですよね。

なので私は持ち帰る派です。

1年間お財布に入れて持ち歩き
次の年におみくじを引いた時に
古いものを結んでくるというサイクルにしています。

編集後記

おみくじって気軽に運試し~とやるものかと思いきや
引くとなると俄然本気モードに入っちゃうってことありますよね。

おみくじを引く時は「気になっていることや知りたいこと」を
頭に思い浮かべながらやるといいですよ。

その答えにつながる助言が、
もしかしたら出てくるかもしれませんから
試しにやってみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

クリスマスプレゼント 彼女ネックレスブランドや20代は?ティファニーは?
冬至 ゆず湯に入るのはなぜ?どんな効果があるの?
父の日プレゼントは何がいい?おすすめは?50代なら?
母の日 義母へプレゼントの予算は?初めてなら?花以外は?
母の日のプレゼントおすすめ義母なら?メッセージは?連名がいい?
母の日は妻にもあげる?プレゼント何がいい?メッセージは?
七五三 親の服装は?色や注意点は?
七草粥レシピご飯から作れる?トッピングは?合うおかずは?
処暑とは?食べ物は?いつなの?
菖蒲湯の作り方は?どんな効能があるの?
お雛様いつから飾る?場所や左右どっち?
七夕の笹を販売してるのはどこ?笹を長持ちさせるには?
七夕飾りの処分はいつ?方法は?短冊も捨てちゃう?
お歳暮 両親ヘ送る?相場やおすすめは?時期いつまで?
恵方巻きの具材に決まりはあるの?作り方のコツは?合うおかずは?

Menu

HOME

TOP