厄年 男の年齢や過ごし方は?厄払いは必要?

な~んか気になる男の厄年。

そんなの関係ね~と思いつつも
どこかで悪いこと起きちゃうのかな?
なんて考えていたりしてモヤモヤしますよね。

このページでは男の厄年の年齢チェック、
過ごし方や厄払いについてご紹介します。

スポンサードリンク

厄年 男の年齢は?

そろそろオレって厄年だっけ?という方は多いですよね。
自分は忘れてたけど親から厄年だよと言われて気づいたり。

まずは男の厄年年齢をチェックしておきましょう!
厄年の自動計算ができますよ♪
  ↓↓↓
こちら をクリック

男性の厄年は25歳・42歳・61歳の3回あります
・・・が。

厳密にいうと、本厄の前後にある前厄&後厄を入れると
何と9年もあるんです!

1回目の厄年年齢は・・・ 24歳(前厄)・25歳(本厄)・26歳(後厄)
2回目の厄年年齢は・・・ 41歳(前厄)・42歳(本厄)・43歳 (後厄)
3回目の厄年年齢は・・・ 60歳(前厄)・61歳(本厄)・62歳 (後厄)

この中で一番注意したいのが厄年のキモ的な「42歳」です。

男性ならバリバリ働いてはいるけれど肉体的にも
精神的にも疲れが出てくる頃ですよね?

そういった大変だと思われる時期は
毎日をどう過ごせばいいのでしょうか?

厄年 男の過ごし方は?

厄年は健康に気配りをして毎日を穏やかに
過ごすのが良いと言われています。

気をつけたいのは人生の転機になるようなこと。

例えば結婚や家を買う、転職や引っ越しなど
大きな決断をして方向転換をする時は
できればこの時期を避けたほうが無難です。

だからといって、起こってもいない悪いことばかりを考えて
「厄」を気にしすぎてしまうとマイナスを引き寄せてしまいます!

厄年を過ごすために大切なのは「気にしない」事でもあるのです。

生活環境に配慮し体調に気をつけつつ
心の準備をしてあらゆることに対処していけば
厄年もうまく過ごすことができます。

厄年は見過ごしていたことを再度確認したりする
いい機会なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

厄年の男に厄払いは必要?

厄年は厄払いをしないと悪いことが起きそうで・・・
やっぱりやっといた方がいいのかな?と心配になりますよね。

どうしたらいいの???

正解は・・・どっちでもOK(笑)

やるかやらないかは自分次第なので、厄払いをして
心が穏やかになるならお祓いをしましょう。

何かあった時に「あの時やっておけば・・・」なんて
後悔する出来事があったら嫌だという場合も
お払いをしておいた方がいいタイプだと思います。

逆に、厄は気にならない!
オレのパワーで厄をふっ飛ばす!という
勢いのある男らしい方は必要ないかもです(笑)

どちらにせよ、厄払いなどに関しては
自分よりも親や親せきのほうが
うるさく言ってくるパターンが多いかもしれませんね。

この辺は人により家庭により考え方は様々です。

本厄だけは大変だからとお払いに行く人も多いですし
後厄は意外とキツイ時期だと考える場合は
本厄と後厄にお払いをすることもあります。

厄払いをやったから大丈夫とも
やらないからダメとも限りませんので
「気になったら行く」のスタンスでOKです。

編集後記

厄払いってホントに家庭によって様々ですよね。

厄年に当たる年はどれも変化が起こりやすい
年齢なだけに何があってもおかしくないですしね。

え?ウチの場合ですか?
恥ずかしながら・・・厄払いしたことないです。

でも振り返ってみると人生で一番大変な時と
厄年の時期がドンピシャでかぶってることに
後で気がつきました(笑)

なので今さらですが、あの時厄払いに行っていたら
もしかしてもうちょっと楽だったのでは・・・?
と、考えられなくもないかなと。

もしも時間とお金に少し余裕があれば
モノは試し!で厄払いに行くのもいい体験かもしれませんね。

厄年をうまく乗り切ってくださいね♪

スポンサードリンク

関連記事

エアコンの掃除の仕方は?カビ対策は?頻度は?
シクラメンの育て方 しおれるときやカビはどうする?
米に虫がわいても食べれる?取り方は?対策は冷蔵庫?
梅干し 土用干しの時期は?曇りなら?夜や雨は?
運動会お弁当箱はお重かランチボックス?おすすめと詰め方のコツ
婚約指輪 お返しの相場は?時計人気ブランドは?いつ渡す?
浴衣の着方 女性はどっちが前?丈やおはしょりが長い時は?
ハロウィンお菓子の定番やラッピングは?あげ方は?
すき焼きの肉一人前の量や部位は?しゃぶしゃぶ用でもいい?
結婚式サブバッグの選び方は?紙袋ダメ?中身は?
使い捨てカイロ再利用方法や処分方法は?使用期限切れ使える?
宝くじに当たるには?買う日はいつがいい?
雨の日に靴が滑るのを防ぐおすすめの対処法は?
畳のカビ除去方法は?対策と予防は?
結婚式受付の服装女性は?流れは?注意点は?

Menu

HOME

TOP