お正月花の意味やアレンジの作り方は?いつまで飾る?

お正月が近くなるとお花を生ける機会も多くなりますね!

普段は豪華なフラワーアレンジメントが
好きな方もお正月だけはしっぽり和風で
楽しんでいるかもしれません。

何気なく売られているお正月用のお花ですが
実は新年ならではの意味があるって知っていますか?

このページではお正月に使うお花の意味や
フラワーアレンジの作り方
飾る期間などについてご紹介します。

スポンサードリンク

お正月花の意味は?

お正月のお花を飾るだけで家の中の空気が変わるような
凛としたフラワーアレンジは気持ちも引き締まりますよね★

お正月用のお花に使われるものは
縁起物であることがほとんど。
適当に生けるわけでないのですね~

正月にふさわしい花を一つずつ見ていきましょう!

■松
松って1年の間ずっと緑色の葉っぱを落とさないことから
不老長寿・永遠の命などの意味を持っています。

■竹
冬の寒さや雪などにも負けない強さを持つ竹は
繁栄力や生命力をあらわしています。

■梅
梅は初春の象徴として使われる縁起物。

■千両
その名前からしていかにも景気がよさげな千両は
商売繁栄にぴったり!赤い実がとてもかわいらしいのです。

■菊
菊は不老長寿の象徴とされている縁起の良いお花です。
仏花に見えないよう輪菊は使わないようにしましょう。

■南天
南天は「難を転ずる」ということから
厄除け無病息災という意味を持っています。

■葉牡丹
紅白縁起の良いカラーは正月飾りにぴったり。
寄せ植えに使うのもマル!

■バラ
和の花が続いたところでなぜバラ?
バラも正月花として使われている縁起の良い花です。

和風のフラワーアレンジだと部屋に合わないな
という時はバラを使ってみましょう!

お正月花アレンジの作り方は?

お花屋さんでもかわいらしいものや豪華なものなど
いろいろなタイプのフラワーアレンジが売られていますが
たまには自分で作ってみるのも楽しいですよ。

シンプルなアレンジなら意外と簡単!
基本のお花数種類で立派な正月花ができます★

難しくて自分ではムリ~と思っていた方も
この動画を見て「できるかも」となったはず。

それっぽいお花があれば見た目はしっかりお正月です!

スポンサードリンク

お正月花いつまで飾る?

ステキなお正月花を作って新年を迎えたとして
今度はいつまで飾ればいいんだろう?という疑問。

お正月用の生け花やアレンジメントは
お花が枯れないならそのまま飾っていてもOK。

ですが。
お花の世界では「松は松の内だけ」という
流派もありますのでそれに準ずるのでしたら臨機応変に♪

松の内とはいつか?ですが・・・
一般的に関東では1月7日
関西では1月15日とされています。

松だけはずして他のお花は再度いけ直すということもできます。

時期が来たからとまだ命あるものを
簡単にポーンと捨ててしまうのはちょっとかわいそう。

少し手直しをしてお花を楽しみたいですね★

編集後記

お正月に生けるお花って見ているだけで
背筋がピーンと伸びる気がしますよね。

ただ見てきれいなだけではなく色々な意味を込めた
お花を飾って1年を過ごしましょうね!

スポンサードリンク

関連記事

七五三 親の服装は?色や注意点は?
節分 豆のまき方やまいた後は拾って食べる?残ったら?
菖蒲湯の作り方は?どんな効能があるの?
クリスマス会子供が喜ぶ料理やゲームは?プレゼント500円なら?
七草粥レシピご飯から作れる?トッピングは?合うおかずは?
五月人形は何歳まで飾るの?処分の仕方は?寄付できる?
母の日のプレゼントおすすめ義母なら?メッセージは?連名がいい?
母の日は妻にもあげる?プレゼント何がいい?メッセージは?
五月人形は親のお下がりでもいい?誰が買う?次男は?
お中元は誰に贈る?何がいい?喪中の場合は?
お盆のお供えはお菓子なら?それ以外のものや金額は?
お雛様いつから飾る?場所や左右どっち?
初盆 提灯の飾り方や時期は?処分方法は?
初盆のお返し 品物は?のしの色や表書きは?
お彼岸の意味は?お盆の違いは?おはぎの作り方は意外と簡単!

Menu

HOME

TOP