ポインセチア枯れる原因や水やり頻度は?長持ちさせるには?

クリスマスにぴったりのお花といえばポインセチア!

クリスマスはプレゼントでポインセチアを頂く機会もありますよね。

最初は元気だからいいけれど1週間もするとだんだん元気がなくなってきて葉っぱがしな~っとなったりしてこのままでは枯れてしまう!ってとこまで弱ってしまうことも・・・。

このページではポインセチア枯れる原因や水やり、長持ちさせるコツなどについてご紹介します。

スポンサードリンク

ポインセチア枯れる原因は?

ポインセチアが枯れる原因には色々ありますが温度や水、日当たりなどが考えられます。

特に温度の問題が多いかもしれません。

ポインセチアは秋から冬にかけてフラワーショップの店頭に並ぶため冬に強いイメージがあると思いますが実は原産は熱帯地域。
なので寒さにはあまり強くはないんですね。

ポインセチアを部屋に飾る際には温度など関係なくお花がステキに見える位置に置くためその場所が寒すぎたり乾燥の激しい場所だったりするとしばらくすると元気をなくし枯れてしまいます。

ポインセチアは15度を下回るのはNGですので
外から室内に移すなどして温度には十分注意しましょう。

また、葉っぱを見るとその原因がどこにあるかがわかりやすいです。

例えば葉っぱが黒っぽくなってきたなと感じた時は温度が低いのでもう少し暖かい場所に移動したほうがいいというサイン。

葉っぱが丸まってきたなという時は日光が足りないよというサインですので日当たりの良い場所に置きましょう。

植物に変化があった時には必ず「何か」を訴えていますのでそれに答えてあげればポインセチアは必ず復活します。

育てるのは初めてならお世話するのはとても大変ですが生き物との対話を楽しんでくださいね♪

ポインセチアの水やり頻度は?

冬の間、水やりはどんな頻度でやればいいのでしょうか?

かわいがるあまりに毎日お水をあげてしまいそうですが
実際はどうしたら???

ポインセチアの水やりのタイミングは植木鉢の中の土をさわってみて乾いているなと思った時。

湿っていると思えるなら水やりはまだです。

水をあげる時は、植木鉢の底からしみ出るくらいにたっぷりがポイントです。

あと気をつけたいのは植木鉢の水受け。
たっぷりの水やりの後は受け皿にもたっぷりしみ出ているはず。

それを捨てておかないと根っこが腐ってしまいますので必ず余分な水は流しておいてくださいね。

もしも根腐れしている場合は葉っぱが白っぽくなったりしますので注意してくださいね。

水やりの時間は天気の良い朝がおすすめです。

うっかり水やりを忘れた時でも夜にはやらないでくださいね。
植物も夜に水をもらったのでは冷えてしまいますから!

スポンサードリンク

ポインセチア長持ちさせるには?

水やりや温度など、知るほどに育てる自信がなくなってきた・・・とお嘆きかもしれませんが大丈夫です!(笑)

長持ちさせるために一番気をつけたいことは
ポインセチアの置き場所や温度。

これをクリアすれば元気で育ってくれると思いますよ♪

まずは置き場所ですが、寒い場所に置かないのが鉄則。

最初の項でもお話ししましたが、ポインセチアは10度を下回ると枯れ始めますので冬の季節は外置きはムリ。

寒い季節は室内で育てることになりますが陽のあたる窓際に置く場合はちょっと注意が必要なんです。

日中は温かかった窓際も夕方になると急に冷え込んで温度が一気に下がってしまいます。

この急激な温度差がポインセチアにとってはとても「しんどい」環境です。

なので、窓から離した位置に置いておくかもう少し部屋側に近いところで日のあたる場所を探してあげましょう。

寒いだろうからといっても暖房器具の近くはNGですので気をつけてくださいね。

編集後記

ポインセチアの色といえば赤にグリーンが基本ですが最近では珍しい品種も見かけるようになりましたよね。

淡いピンク色のビジョン・オブ・グランデールや真っ赤な葉に白い斑が入ったアイスパンチ、雪を思わせるプリンセチアのクリスタルスノーなどステキな色合いのものがたくさんあります。

特別なポインセチアはクリスマスを盛り上げてくれるお花です♪
ちょっと大きめのお花屋さんだとこんなのあったんだ~という品種に出会えるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP