ぶり大根あら下処理やレシピ圧力鍋は?残り汁炊き込みご飯は?

冬のごちそう♪ぶり大根!
味しみしみ~~でホントにおいしいですよね。

でもぶり大根って味付け失敗した!とか
臭みが残っておいしくない~とか
なかなかうまくいかない時もありますよね。

このページではぶり大根に使う「あら」の下処理方法や
骨まで軟らかく煮える圧力鍋レシピ、
食べた後の残った汁で作る炊き込みごはんなどをご紹介します。

これで今年はぶり大根が得意料理になりますよ♪

スポンサードリンク

ぶり大根あらの下処理は?

ぶり大根がおいしくなるかどうかは、
ぶりの下処理がカギを握っています。

特に「あら」はうまみの宝庫であると同時に
くさみも多いので下処理をしないと
食べる時に気になることもあります。

ここではあらの下処理方法をご紹介しますね

(1)あらをバットに入れて塩をふりかけそのまま10分放置。

(2)お湯を沸かしぶりを入れて表面だけ
さっと火を通したら引き上げて水で汚れを洗います。

(3)最後にキッチンペーパーで
魚の水気を拭き取ったら終了です。
これでくさみや汚れなどが取れたのでOK!

ぶり大根レシピ あら 圧力鍋で作るには?

お鍋でコトコト煮るぶり大根んも絶品だけど
圧力鍋で作れば早いし骨まで軟らかくなるのでおすすめ♪

ふりの骨って結構鋭いんですよね。

もしも間違って口の中に入ってしまったとしても
圧力鍋なら骨が柔らかくなっているので
食べる時もちょっと安心なんです。

なのでウチではいつも圧力鍋♪
では簡単レシピをご紹介しますね

<材料>
ぶりのあら500g
大根半分
しょうが1片
水400cc
みりん大さじ3
酒大さじ3
しょうゆ大さじ3
砂糖大さじ1

圧力鍋の中に材料を全部いれて火にかけます。
圧がかかったら弱火で15分。
火を消してそのまま自然に冷ましたら完成です。

味見をして足りなければ調整し再度火にかけて
フタをせず煮詰めてもOK

前の日に作っておくとより味が染みていますよ。
ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

ぶり大根の残り汁で炊き込みご飯は?

ぶり大根を煮る時に出た煮汁、どうしていますか?

冷蔵庫に入れた時に煮こごりになりますから
暖かいご飯の乗っけて食べちゃうという方も
多いかもしれませんね。

つゆだくで作った場合その残り汁の
魚臭さが気にならなければ
お料理の味付けに使いましょう!

例えば煮込みうどんの味付けに使ったり
炊き込みごはんや切り干し大根などの煮物にも使えます。

ウチでは炊き込みご飯に使うことが多いです。
作り方はとっても簡単。

炊飯器にお米2合にメモリまで
残り汁を入れて水加減をします。

しめじ、生姜たっぷり、ニンジン、ひじき、
ツナ缶1個を入れてスイッチぽんで出来上がり。

食べる時は白ゴマをふりかけて食べるとおいしいです!
せっかく手間暇かけて作ったぶり大根ですから
残り汁まで全部有効に使えたら嬉しいですよね♪

編集後記

ぶりの頭や骨などの「あら」には
コラーゲンがたくさん含まれています。

なのでその成分がたくさんしみ込んだ大根を食べたり
最後の煮汁まで残さずいただくぶり大根は
美容にもいいんです!

私も最初の頃は、あらは下処理をきちんしても
やっぱり魚臭さは残ってるから残り汁まではな~・・・
と捨てていたんです。

でも「あの汁ってコラーゲンの固まりなんだよね」と気が付き
それからは生姜をたっぷり使ったり工夫して
ぶり大根を最後まで食べきるようになりました。

圧力鍋で作れば骨も結構食べれる柔らかさなので
ゴミもあまりでないですし、ホントぶり大根って
ムダがない料理だなあと思います。

お魚系の料理はあまり縁がなかったという方も
ぜひ今年はチャレンジしてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

栗の剥き方 簡単なのは冷凍?圧力鍋は?ゆで時間は?
マグロ刺身の解凍方法や美味しい食べ方は?
だんご粉と白玉粉 上新粉の違いは?みたらし団子にどれ使う?
梅酒の梅を取り出す時期は?食べる?利用法は?
チャーハンをパラパラに作る方法 家庭で美味しくするコツは?
ほうれん草あく抜き方法は?簡単なのは?生で食べれる?
バーベキューの簡単レシピ デザートは?野菜は?スペアリブは?
とうもろこしがしわしわにならない方法 ゆで方やコツは?
らっきょうの漬け方 簡単でカリカリのを作るには?食べごろは?
牡蠣鍋 下ごしらえは?縮まない方法や入れるタイミングは?
じゃがいもの芽が出ても食べられる?取り方や出さないようにするには?
手作りローストビーフ 賞味期限は?冷凍できる?解凍は?
茄子の味噌汁 色止めをして紫にならないようにするには?
新米の炊き方 水加減は?コツは?土鍋は?
梅酒の作り方 梅の選び方は?完熟や傷があってもいい?

Menu

HOME

TOP