大根の葉の栄養分は?じゃこふりかけレシピや保存冷凍方法は?

大根の葉って食べるの?という人はいませんか~?
ダメですよ捨てたらっ(笑)

緑の葉っぱ部分は栄養の宝庫!

農薬が気になるって方もいるかもしれませんが
きちんとした処理すれば大丈夫。

このページでは大根の葉の栄養分についてや
ウチで人気じゃこふりかけレシピ、
大根の葉の冷凍保存方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

大根の葉の栄養分は?

大根の葉っぱまで食べるなんてケチくさい!なんて
おかしなこと言う人がいるようですが(笑)
その豊富に含まれている栄養素を知ると
捨てるのはもったいないと思うかも!

大根の栄養素は本体の白い部分ではなく
緑色の葉っぱに集中しているんです。

大根の葉は鉄分やビタミンCが豊富に含まれています。
例えばほうれん草と比較してみると
鉄分1.5倍・ビタミンC5倍!

貧血や体が疲れやすいという女性にはぴったりです。

カルシウムが多い野菜といえば小松菜ですが
大根の葉っぱも同等の含有量ですので
カルシウム不足で骨粗しょう症が心配な
中高年にもおすすめです。

スーパーで大根が売られているすぐそばに
ゴミ箱も置いてあって中には大量の葉っぱが
捨てられていますが栄養のことを知っていると
なんとも言えない気持ちになりますよね~。

今までは食べなかったという人も
これからはぜひ召し上がってみてくださいね。

大根の葉でじゃこふりかけレシピ

大根とじゃこの相性はぴったり!

ちゃちゃっと炒め合わせてご飯にのせたり
混ぜご飯の元にも、おにぎりにもちょうどいい
大根の葉入りじゃこふりかけはウチの大人気レシピ!

これがなくなるとみんな残念そうなんです(笑)

だから葉っぱが欲しくて大根を
せっせと食べてしまうんですよね~

簡単ですのでさっそくご紹介しますね。

<材料>
大根の葉っぱ 250グラム
じゃこ 30グラム
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
酒 大さじ2
砂糖 小さじ1
塩 適量
★かつお節 2袋

<作り方>
(1)大根の葉はさっとゆでて細かく刻み、
水を絞ってごま油で炒める

(2)★以外の材料を全部加えて
水分が飛ぶまで中火で炒め合わせます。
塩で味の調整をしてくださいね

(3)最後にかつお節を加えてざっと混ぜたら完成。

冷蔵庫に入れれば3~4日は持ちますので
常備しておくと便利ですよ♪

スポンサードリンク

大根の葉の保存冷凍方法は?

直売所や農家の方から直接買うなら大根の葉っぱも
わっさわっさ生えているんですが
スーパーで売ってるものだと葉がカットされていて
みんな短かくなっているんです。

先ほどご紹介したようなじゃこふりかけの場合
大根の葉っぱがある程度たまらないと作れないんですよね。

なのでウチは、大体の分量がたまるまでは大根の葉を
冷凍保存でストックし「葉っぱ待ち」をしています。

逆にいっぱいありすぎて使えないって時にも
とりあえず冷凍保存しておくときにも便利ですよ。

大根の葉っぱは農薬が気になるって方も多いと思います。

ゆでこぼすことでもある程度とることができますので
ここでは茹でる+冷凍の方法をご紹介しますね。

(1)まずは大根の葉っぱをきれいに洗います。

葉っぱに小さな虫がついていることもありますので
しばらく水をためたボールに浸けておきましょう。

(2)沸騰したお湯で2~3分茹でます。

(3)水にさらして粗熱を取ります。

(4)5ミリ程度に細かくカットし水を絞ります。
ラップで小分けするか、ジップ付きの袋に入れて
平らにならし冷凍します。

みそ汁などに使う時は必要量をぽきっと折って使えるので
冷凍状態のままポンと鍋に入れるだけでOKです。

じゃこふりかけを作る時は
半解凍位で炒め始めても大丈夫です。

ちょっと青ものが欲しい時にもこうやって冷凍保存しておくと
さっと使えるので、大根の葉っぱは常備しておいてくださいね~

編集後記

大根の葉を使ってついでにもう1品♪

味付けなしの海苔佃煮です。

大根の葉っぱをゆでて刻んで絞って。
ここまでは冷凍保存の時と一緒。

ごま油で大根の葉っぱを炒めて七味唐辛子を適量加えます。
粗熱が覚めたら、市販の海苔佃煮を混ぜ合わせたら完成!

味付けがめんどくさい・・・
うまくいかない・・・
そんな人でも海苔の佃煮があればしっかり味がからまるので
混ぜるだけでそのまま食べれますよ。

炒めた葉っぱが入るとボリュームアップしますしね♪

これは日持ちしないので、食べる分だけ海苔佃煮を混ぜて
食べきるようにしてくださいね~

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP