ハロウィンお菓子の定番やラッピングは?あげ方は?

日本にもジワジワ来つつあるハロウィン!

楽しんでいるのはほんの一部?と思いきや
ハロウィンを生活にちょっと取り入れ
楽しんですごす方が意外と多いものです。

ママ友たちとハロウィンをするときは
どんなお菓子を用意しようか?
かわいいラッピングや気の利いたあげ方は?
と悩みも尽きませんよね。

このページでハロウィンのお菓子に関する
悩みを解決しちゃいましょう!

スポンサードリンク

ハロウィンお菓子の定番は?

ハロウィンのお菓子の定番なんて特にないのですが
手渡ししやすいという意味ではクッキーや
チョコレート、キャンディなどがあります。

特にクッキーは手作りする方も多いですよね。

ネット上に公開されているレシピを利用すれば
結構簡単に作れますし。

ちょっと器用な方ならアイシングをつかって
本格的なハロウィンクッキーを作る方もいますが
そこまで気合入れなくてもいいですしね。

でも・・・アイシングクッキーはめちゃ喜ばれますよ~!

やってみるとすごく楽しいので作っている段階で
自分がハマってしまうこともあるほど。

家族ぐるみでハロウィンパーティをやるような親しい関係なら
お菓子も手作りがオススメですし、
逆に「仕方なく参加」のような場合は
市販品でサッと終わらせる方が気もラク。

この辺はお菓子も気持ちもうまく使い分けましょう(笑)

なのでお菓子の種類はホントに何でもよくて、
大切なのは手渡しやすいかどうか。

ハロウィンのお菓子は子供たちに配るので
個包装になっていれば大丈夫です。

また、小さなチョコレート1個程度をあげるくらいなら
かわいらしいカゴに盛っておいて手渡ししてもいいですね。

ハロウィンお菓子のラッピングは?

ハロウィンのお菓子は中身よりも外側が大事!

ラッピングの材料はオレンジと黒のものを利用すれば
それだけでかなり雰囲気アップ!

例えば森永やミスターイトウなど、
おなじみのクッキーをスーパーで買ってきたとします。

それを2~3枚のセットにしてかわいらしい
ハロウィン柄の袋に入れオレンジと黒のリボンを
きゅっと結べばケーキ屋さんで
買ってきたみたいなラッピングになりますよ。

ハロウィン柄の袋が売ってなければ
透明のクッキー袋を用意しかぼちゃや
お化けなどのシールを袋の真ん中に貼ってもOK。

中身はどうあれ、もらうほうはラッピングの
かわいらしさに反応するのでシール1枚
貼ってあげるだけで全然違いますよ。

シーズンになるとハロウィン系のグッズは
100円ショップでもたくさん売られますので
早めに調達しておきましょう。

スポンサードリンク

ハロウィンお菓子のあげ方は?

ハロウィンのお菓子って
どんな感じであげればいいんだろう?
と、ふと思うことはありませんか?

子供達が「トリック・オア・トリート!」と
お菓子をもらいに来るとわかっていても、
気の利いた言葉が見つからず何となくお菓子をそっと
手渡して終わりってことも多いのではないでしょうか。

そんな場面を想定して会話の一例をご紹介しますね。

子供「トリック・オア・トリート!」
(お菓子をくれないといたずらするぞ!)

大人:「きゃあ~~!お菓子をあげるからいたずらしないで~」
と言いながらお菓子をあげましょう。

怖いお化けさんねぇ!
カワイイかぼちゃさんね♪
など子供たちの仮装によって言葉をかえ、
コスチュームをほめたりするのもマル。

お菓子を追加してあげるのも効果的ですよ。

例えば、かわいい魔女さんには
チョコをもう一つあげるわね★
なんていいながらおまけも付けたりと
あげる側もアドリブを聞かせて楽しんでもいいですね。

帰る時には、「コウモリさん、来年もまた来てね」と送り出せば
子供たちも満足げに帰っていくはずです。

子供との会話のやり取りも
その気になると面白いものですよ(笑)

編集後記

ハロウィンというとまだまだなじみがないだけに
どうしていいものか戸惑ってしまいますよね。

でも気にせず子供たちと一緒に楽しんでください!

こんなことしたら子供は喜んでくれるかな?
こんな言葉かけたらどうだろう?

子供の気持ちを考えながら、
大人は楽しく過ごしてもらうための
手助けや演出をしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP