冷え性を改善する運動は?お茶や食べ物は?

厚い靴下をはいてもセーターを着込んでも
どーしてもおさまらない体の冷え。

あまりにも冷え過ぎて体力は奪われるし
動けないしで長年悩んでいる方も多いはず。

このページでは運動や飲み物・食事で体の中から
しっかりと温め冷え性を改善していく方法をご紹介します。

スポンサードリンク

冷え性を改善する運動は?

手も足も感覚がなくなるくらい冷たくなってしまう冷え性。
自分で発熱できずただ冷え地獄に陥っていくようで辛いですよね~

手足が冷たい=血行が悪くなっているって証拠。
そんな時はまず「動かす」ことが大事です。

手足が冷たすぎて動かないっ!って時は
まず簡単な動きで血流を良くしましょう。

■手をすぐに温めるには?
両手でグーパーを繰り返しましょう。

親指は中に入れてしっかり握り、
パーはできるだけ指をのばします。
皮膚科の先生に教えてもらって方法です

■足をすぐに温めるには?
屈伸運動をしましょう。

ふくらはぎは第二の心臓といわれている場所。
屈伸することで体に血液を流し足先だけでなく手先も温めてくれます。

1回につき10回程度。
1日に2~3回やるといいですよ。
気分転換にもなりますし、気持ちいいです♪

ふくらはぎマッサージもおすすめです。
力を入れてマッサージしなくても大丈夫。
下から上へ優しくもみます。

この2つの運動は残念ながらその時だけで
体を継続的に温める方法にしては、ちと弱いです。

体の中からしっかりツ冷え性を治していくためには
毎日続けて体を動かすことが大事!

スポーツジムに通うっていうのもアリですが
一番のおすすめはウォーキングです。

なるべく早足でタッタッタっと
1日15分以上歩くのを目安にやってみましょう。

ダラダラ引きずるように歩いてもダメですからね~(笑)

会社帰りに1駅前で降りて家まで
ウォーキングがてら歩いてもいいですね。
ついでにダイエットにもなっちゃいますし。

私は駅から会社に向かう時に毎日徒歩なのですが
早歩きでちょうど20分かかるんですね。
なので通勤が冷え性改善運動になっています

冷え性を改善するお茶は?

寒い時は温かいお茶が嬉しいですよね♪

でもホットなら何でもいいか?というとそうではなく
お茶には体を冷やすものと温めるものがあるんです。

ざっくりとした判断となるのは、
そのお茶が「発酵させたものか?そうでないか」です。
一般的には色の薄いお茶は体を冷やすといわれています。

■体を冷やすお茶
・緑茶

■体を温めるお茶
・三年番茶
私も愛飲しています!
冷えがひどい時はあっちっちの三年番茶に梅干しを入れて飲んでいます。
これが効くんですよね~

・生姜紅茶
紅茶に含まれるカフェインは体を冷やす作用もあるのですが
黒糖と生姜を入れることで体ぽかぽかしてきます。
気になる時はしょうが湯にするといいですね★
・黒豆茶
・プーアール茶
・ルイボスティー

一口にお茶といっても好みによって飲みやすいものや
飲みにくいものもありますので色々試してみましょう。

飲んだものが「おいしい」と思えるなら
今の自分の体に合っていると考えていいと思います。

必要なものは体が教えてくれるんですよね♪

スポンサードリンク

冷え性を改善する食べ物は?

部屋をガンガン暖めて体はぬくぬくしていても
口から体を冷やす食べ物を入れていては
いくら頑張っても冷え性は改善しません。

食べ物はおいしいだけでなく、お茶と同じように
体を冷やすものと温めるものがあるんです。

体をギューっと温めてくれる食材を選んで毎日の食卓に並べてくださいね。

■体を温める食べ物はコレ!
・しょうが
・ねぎ
・梅干し(昔ながらのしょっぱ~いもの)
・ごぼう
・にんじん
・れんこん
・山芋
・こんにゃく
・醤油
・味噌
・赤身の魚(まぐろやかつおなど)
・卵
・鶏肉 豚肉

例えばごぼうはお弁当にも使えるきんぴらに。
生姜は豚と一緒に炒めて生姜焼きに。
梅干しは玄米を炊いておにぎりにしてもいいですね。

意識して食事に取り入れていくと
知らず知らずのうちに体質も改善していきます。

編集後記

冷え性だと「今すぐ何とかしたい!」と思うものですが
本当の改善には意外と時間がかかるもの。

私は運動や食べ物、飲み物など根本的なところから変えて
体質改善をしていきましたが、まるまる1年はかかったように思います。

長いようですが確実に体の調子が違うとわかりますし
1年たって、冷えていない自分にびっくりした覚えがあります。

冷え性を治すってことは体を見直すチャンスでもあります。
ぜひ今年から体改革を始めてくださいね!

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP