超音波加湿器は危険?掃除や白い粉対策は?

超音波加湿器は危険だ!?という話を
聞いたことがあるでしょうか?

以前ネットでも話題になっていたこともあり、
超音波加湿器をお持ちの方もこのまま使っていて
良いのかどうかと心配だと思います。

このページでは超音波加湿器は何本当に危ないのか?
いわゆる「白い粉」や掃除の仕方などをご紹介しますね。

スポンサードリンク

超音波加湿器は危険?

超音波加湿器は蒸気でやけどする心配がなく
本体価格の安さ、低騒音、デザイン性の良さ
電気代が安いなどから人気のある加湿器の一つでした。

・・・が。

数年前に超音波加湿器が原因とされるレジオネラが問題になり
それ以来「危険」という認識を持つ方が増えたようです。

そもそも超音波加湿器はどんなものかというと
超音波を使って水を小さくしファンで飛ばすというもの。
「霧吹き」をイメージするとわかりやすいかな?

その「霧吹き」から出る水は加熱処理された水蒸気ではなく
タンクに入ってる水のまんまだから問題なんですね。

超音波加湿器はタンク内が汚れやすく、
そのまま手入れなしで使っていると雑菌だらけの水を
部屋中にばらまくだけの装置になってしまうってわけ。

いわゆる加湿器病というアレルギー性の病気を引き起こさず
快適に使うためにはどうしたらいいのでしょうか?

どうしても避けて通れないのは掃除!

小さなお子さんやお年寄り、病気で体の抵抗力が弱っている方を除き
バクテリアが増えないよう毎日加湿器の掃除をまめにしていれば
あまり心配はないのかなと個人的には思っています。

というのも、実はうちの実家で使っているのは超音波加湿器。

両親ともにピンピンしてますし、
病気の「び」の字も見当たらないんですよね(笑)
長年同じものを使っていますが、快適に過ごしているようです。

どうやって手入れしてるのか聞いたところ
やはりタンクやフィルターの掃除は欠かさないということでした。

次の項目では超音波加湿器の掃除についてご紹介します。

超音波加湿器掃除は?

菌が危ない!と言われても実際には目で見えないものなので
そんなの大丈夫!と甘く見ているとちと怖い!

超音波加湿器は掃除をしないと雑菌がどんどん繁殖します。

その汚染水で部屋の加湿をしたら息をするたびに
雑菌の空気がどんどん肺に入っていくんですよっ~!

とにかく掃除をしましょう。
まず一番大切なのはタンクです。

タンクの水は毎日取り換えるのが基本。

水を取り換える時は継ぎ足しでなく、全部入れかえます。
タンク内はぬめりが出やすいので、できれば毎日洗いましょう。

スポンサードリンク

超音波加湿器白い粉対策

超音波加湿器を使うと実は部屋中に白い粉が飛んでいます。

超音波加湿器は細かい水の粒子をファンで飛ばすという方法ですが
その時に水と一緒にカルシウムなどのミネラル成分も広がります。

それがいわゆる「白い粉」と言われるもので、
スイッチオンするとそれが部屋じゅうに飛び
が白っぽくなって全体を汚してしまうんです。

例えばテレビなどの家電品だとわかりやすいかもしれませんね。

この白い粉はとても粒子が細かいので
電気製品に入り込んで故障を引き起こす原因にも
なりかねないので注意が必要です。

特に空気清浄機を使っている場合は、
この白い粉で目詰まりを起こす可能性も
ありますので気をつけてくださいね

比較的新しいタイプのものなら白い粉が飛びにくくするための
対策をほどこしたフィルターもありますので試してみましょう

編集後記

超音波加湿器は毎日の掃除が欠かせないものですので
毎日忙しくてそれどころじゃない!という方には不向き。

電気代は安いし形はお洒落で申し分ないのですが
知らず知らずのうちに悪い空気で体を汚染しても困るので
他のタイプの加湿器にしたほうがいいかもしれません。

もし買い換えるならハイブリッド式がオススメですよ。

冬はとにかく乾燥しますしお肌を気にする
女性なら加湿器は欠かせませんものね。

生活様式に合った加湿器選びをして快適に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP