七五三の時期年齢は?早生まれの女の子は?数え年 満?

子供って大きくなるのがホントに早いですね!

気がつくともう七五三か~なんて親の方がびっくりするほど。

三才・五才・七才と大きくなるにつれて
だんだん憎たらしくなることもありますが(笑)
成長していくわが子はやっぱり一番かわいいです♪

七五三は親や子供にとっても記念になる節目の行事ですので
ぜひ子供の成長をお祝いしましょう。

このページでは七五三の時期や早生まれのときの?や
数え年か満年齢でするのかなどを解決します。

スポンサードリンク

七五三の時期 年齢は?

七五三でお参りをするのは11月15日となっています。

が。

最近ではその日にち前後や、10月中旬から11月中旬の間で
都合のよい日程でOKというのが一般的。

いつでも都合によって・・・とは言うものの神社が込むのは
11月15日当日はもちろんその前後の土日祝です。

その他の日にちでも土日祝や大安などの吉日を
皆さん狙いますのでちょっと早めに日程決めをしておかないと
神社にしろお寺にしろ、写真撮影でさえもめちゃ混みですから要注意。

できれば比較的すいている平日に
お参りをするのがオススメです。

特にお子さんがまだ小さい場合なら子供の体調や
機嫌のいい時を見計らうのも大切!

慣れない服装に知らない環境や人ごみは子供にとっては一大事です。

お参りするにせよ、写真を撮るにせよ泣きっぱなしで
ママもパパもお手上げってこともありますから。

11月15日にこだわらず日程をずらすことで
ゆったりと七五三のお祝いをするのも一つの手ですね!

また、七五三の年齢についてですが
男の子と女の子で違いがあります。
男の子は3歳・5歳
女の子は3歳・7歳


ここでよくある疑問が早生まれの場合はどうするか?です。
次の項目でご紹介しますね!

スポンサードリンク

七五三の時期 早生まれの女の子は?

1月~3月に生まれた早生まれですと
七五三の時期は悩みますよね。

今年なのか、それとも来年のほうがいいのか?
答えはどちらでもOK!です。

たまにおじいちゃん・おばあちゃんがそういうものに
こだわることがありますがそれは臨機応変に~♪

例えば7歳の女の子の七五三ならお友達もいるでしょうし
同級生と同じ年にやってあげるのがいいですね。

3歳の女の子の場合は一番かわいい盛りの姿を
写真におさめたい親心もありますが
着なれない洋服や環境の中で長時間
なだめすかすのはちょっと大変かもしれません。

3歳の七五三と言っても2歳でやるわけですから
飽きたり泣いたりという可能性大なのがちと悩みどころ。

その子自身の性格なども考慮しながら
最適だと思うほうでやればいいと思います。

・・・でも3歳前の七五三はめちゃ可愛いですよ!
念のためっ★

七五三の時期 数え年それとも満?

七五三をお祝いするのは元々は数え年でやっていましたが
現在の主流は満年齢のほうが多いです。

ただ、今は子供の成長やまわりの動きに合わせて
数え年でも満年齢で七五三をやってもどちらでも大丈夫です。

七五三はコチラが思っているよりも子供に負担が
かかるものなので数え年よりも満年齢でやった方が
親も子供も楽かなとは思います。

子供も機嫌よく1日を過ごせるようなら
きっと家族でいい写真も撮れますしね。

パパママ、じじばばとも相談しながら
決めてもいいかもしれませんね。

編集後記

七五三の日程を決める時にふと気になる「仏滅」。

縁起が悪いと感じるならもちろん大安などの
吉日を選べばよいのですが実はあまり気にすることもありません。

大安や先勝、仏滅などは「六曜」というもので
七五三には「六曜」は関係ないのです。

じじばばなどが気にする場合はムリですが
逆に考えると空いていていいかもしれませんよ(笑)

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

お中元は誰に贈る?何がいい?喪中の場合は?
鯉のぼりの意味や由来は?色や矢車は?
七夕の食べ物は?お菓子なら?おすすめは?
お年玉は親にあげる? 金額や渡し方は?
お中元の時期は関東と関西で違う?マナーは?ランキングは?
クリスマスプレゼント 彼女ネックレスブランドや20代は?ティファニーは?
成人式のお祝い相場 姪は?祝儀袋の書き方は?いつ渡す?
お正月花の意味やアレンジの作り方は?いつまで飾る?
土用の丑の日 うなぎの由来は?うのつく食べ物は?
鯉のぼりの上げ方 ベランダは?雨の日や夜はしまうの?
恵方巻きの具材に決まりはあるの?作り方のコツは?合うおかずは?
お正月飾り 玄関位置は?いつまで? 処分方法は?
五月人形は親のお下がりでもいい?誰が買う?次男は?
七五三 親の服装は?色は?写真撮影の時は?
暑中見舞いの時期はいつから?喪中なら?文例は?

Menu

HOME

TOP