夏弁当の食中毒対策 保冷剤必須?グッズは?

日中の気温が25度を超えてくると
お弁当作りにもちょっと気を使いますよね★

朝作ってお昼に食べる場合は大体4~5時間たっていますし
その間ずっと室内に置きっぱなしはちょっと心配です。

夏のお弁当作りにはおかずやご飯を傷みにくくする
ポイントがありますのでそれを実践すれば大丈夫!

大事な人に作るせっかくのお弁当だからこそ
安全においしく食べてほしいですね♪

このページでは、お弁当作りの基本的な注意点をはじめ、
持ち歩きのための保冷方法やお弁当を傷みにくくする
便利グッズについてもご紹介します。

スポンサードリンク

夏弁当の食中毒対策 注意点は?

何時間も放置するお弁当を食中毒から守るには
どうしたらいいのでしょうか?

食材の中心まで火を通す
例えば卵料理なら、外はしっかり焼けているけれど中が半熟とか。

ウインナーなら、強火でパリっと美味しそうに焼けているけど
中心部分までしっかり火が通ってないこともしばしば。

加熱は十分足りてるか?をいつも気にしながらおかずを作ってみて!

菌は熱に弱い
食中毒の元になる菌は熱に弱いので
75度で1分以上加熱しましょう。


これでかなりの食中毒菌は死滅します。

炒めた「つもり」・火を通した「つもり」が一番怖い!

お弁当を手早くぱぱっ作るのは大事ですが、
おかずの火入れはきっちりが基本です♪

しっかり冷めてから詰める
朝はとにかく忙しいからお弁当を早く完成させたい!と気があせると
少しあったかいくらいの温度で「もういいか」とおかずを詰めてしまいがち。

細菌が増殖しやすい温度帯は37~40度。
中途半端に冷まして入れるのが一番よくないんですね。

お弁当のおかずを作ったらいったんバットなど平らなものでさまし
「冷めた」と確認できたら詰めるようにしてくださいね。

扇風機やうちわで風を送りながら冷ますと意外と速いですよ。

味付きご飯はやめとこ★
チャーハンや炊き込みご飯など具の入ったものは傷みやすいので注意しましょう。

加工品も加熱!
ハムやちくわなど、そのまま食べれる加工食品も
夏のお弁当に入れる時は加熱しましょう。

残りものも加熱
前の晩のおかずをお弁当用に使う時は再加熱して細菌退治!
汁けがある場合は煮詰め、味付けは濃いめに。

素手NG!
おにぎりはビニール手袋やラップの上から握りましょう。

お弁当箱におかずを詰める時も、
手で触らないように気をつけてくださいね。

夏のお弁当対策 保冷材は必須?

ケーキ屋さんなどで買った時、持ち歩き時間が長い場合は
保冷剤をつけてくれることがありますよね?

夏のお弁当対策に、この保冷剤が大活躍してくれます!

ちなみに私の場合、夏のお弁当対策として保冷剤&保冷バッグが基本。

お弁当箱をジップロックなどのビニール袋に入れ、
ふたの部分に保冷剤を2~3個のせます。
   ↓↓↓↓↓
これを保冷バッグに入れ、その上に冷やしておいたペットボトルの
お茶をのせてバッグのチャックをしっかり閉めたら完了です。

気温が25度を超えたらこの方法です。

30度をラクラク超える真夏日のお弁当なら
同じように保冷剤をふたの上にのせてジップロックに入れ、
前の晩から凍らせておいたペットボトルのお茶を
お弁当の上にのせたものを保冷バッグに入れて持ち歩きます。

冷気は上から下に流れるので凍らせたものは
冷やしたいものの上に乗せると効率よく冷えます!

お昼までしっかりと冷えているので
今まで食中毒を起こしたこともありません♪

スポンサードリンク

夏の弁当を傷みにくくするおすすめグッズは?

お弁当を安心して食べるためのおすすめのアイテムをご紹介します。

■ アルコールスプレー
洗って乾かしておいたお弁当箱にアルコールスプレーを
シュッとひと吹きするだけで雑菌対策ができます。

吹きかけた直後は濡れていますが、
時間がたつとアルコールが揮発して乾きます。

スプレー後はタオルなどで拭かず、そのまま中身を詰めればOK。
オウチに1本あるととても便利です。

もちろん手の消毒もできますよ★

■ 抗菌シート
お弁当用の抗菌シートがあるの知ってますか?
お弁当箱に中身をつめたら、上に抗菌シートをのせていつも通りふたするだけ。

からしやワサビの抽出成分を練りこんだもので
菌の繁殖をおさえてくれます。

■ 保冷バッグ
保冷剤のところでもちょっと出てきましたが
お弁当+保冷剤を使う場合は保冷バッグに
入れたほうが持ちがいいです。

バッグの内側が銀色になってるやつです。
口はチャックなどできちっとしまったほうが冷気を逃しません。

私は夏でなくても1年じゅうお弁当の持ち運びに使っています。

■ 保温弁当箱
冬の寒い時期に大活躍の保温弁当箱は夏でも使えます。

冷たいそうめんやつゆを入れておけば
お昼になってもつめたくておいしいです。

夏でもご飯は温かいほうがおいしいので
ぜひ活用してくださいね。

編集後記

夏のお弁当作りは食中毒という心配がつきまといますよね。

細菌を増やさないちょっとした心がけと
知識があるあなたなら大丈夫です♪

今はアイデア商品やお弁当箱もどんどん進化していますので
たまにはキッチンコーナーをのぞいてみると面白いですよ!

ステキなお弁当生活続けましょうね~♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

便秘を解消する食べ物や飲み物は?運動は?
重曹 歯磨き 白くなる?作り方ややり方は?
足がつる原因 睡眠中なら?対処法ふくらはぎや病気の可能性は?
重曹風呂の効果は?釜が傷む?残り湯で洗濯できる?
熱中症の原因と症状は?対処法は?対策飲料の作り方
日焼け後のかゆみを止めるには?ケア方法は?
noimage
大根の葉の栄養分は?じゃこふりかけレシピや保存冷凍方法は?
ドライアイの原因や対策は?効果のある食べ物や目の体操は?
赤ちゃんの日焼け止めは必要?塗り方と落とし方は?
夏風邪の症状と対処法 治し方とおすすめの食事は?
インフルエンザと風邪の違いは?予防対策湿度と食べ物は?
耳に水が入って抜けない時は?放置は危険?入らないようにするには?
塩枕の効果やデメリットは?おすすめや口コミ評判は?
台風で頭痛が起こる原因や対処法は?

Menu

HOME

TOP