犬の暑さ対策はエアコン?お留守番の時は?おすすめグッズは?

夏は特に注意が必要な犬の暑さ対策。

室内だからと安心できないのは人間と一緒で
室温を適度に調節してあげることが大切。

大事な飼い犬が暑くてハーハー息をするのがかわいそうで
見ているこちらまで辛くなってしまいますよね。

このページでは、大切なワンちゃんのための
夏の暑さ対策について考えてみたいと思います★

お留守番時やエアコンのこと
おすすめのひんやりグッズ等をご紹介します

スポンサードリンク

犬の暑さ対策はエアコン?

犬は汗腺が少ないため、汗をかきにくく
温度・湿度の高さは大の苦手。

室内で犬を飼っている場合、夏の暑い時期は
エアコンで冷房をつけた部屋に入れることが多いと思います。

この時の設定温度は25~28度くらい、
湿度は60パーセント以下がおすすめです。


犬にとってはもっと涼しいほうが
快適なのかもしれませんが外の気温との温度差が
大きいと体の負担になるのは犬も一緒です。

それに20度前半でエアコンを回すとなると
電気代もかかりますしね(笑)

エアコンをつけた時のポイントは扇風機のダブル使いです。

エアコンの冷気は下にたまりますので冷たい空気を循環させるために
エアコンと扇風機を併用して全体を循環させるようにしましょう。

犬の暑さ対策 お留守番の時は?

どうしても出かける用事がある時、
ワンちゃんだけのお留守番は何かと心配ですね。

やはり真夏の炎天下の時期、
クーラーつけっぱなしは必須!

閉め切った部屋でクーラーなしでは
室温が40度になってしまう場合もあります。

犬だけの部屋にクーラーつけっぱなしはもったいない!と
思われるかもしれませんが夏の間数か月だけですので
この時期だけはエアコンをつけて犬の体調を最優先にしてあげましょう!

お留守番の時のエアコン設定温度ですが、
ドライか弱冷房をかけ、ワンちゃんが過ごしやすい温度にします。

換気も大事!
通気口は開けて室内の風通しを良くしておくとより涼しくなります。

エアコン以外にもお留守番となると
気をつけることがいろいろありますよ★

まずはカーテン。
出かける時はカーテンを閉めます。

ケージの場合は窓から離れた場所に置き、
直射日光が当たらないようにしましょう。

ケージなしなら、色々な部屋へ移動できるようにしておきます。

クーラーの付けた部屋が寒くなった時に
他の部屋へ移動できるようにしておくのがベスト。

温度が冷え過ぎた時にも対処できるよう
毛布などを置いておくのもオススメです。

お水もたっぷり用意しておきましょう(^^)

スポンサードリンク

犬の暑さ対策おすすめグッズは?

ここからはワンちゃんが快適に過ごすための
ひえひえグッズをご紹介します。

■ペットボトル氷
つくり方はとっても簡単!
ペットボトルに水を7分目まで入れ冷凍庫で凍らせます。

ワンちゃんによってはペットボトルのふたを
かじってしまうことがあるのでまわりを保護しましょう。

タオルを巻いただけだとすぐに取ってしまうので
厚手の長靴下などに入れて口を結ぶと簡単です。

また、金属製の湯たんぽに氷水を入れてもOK。

■ジェルマット
冷たさを保ってくれる便利なものなのですが
中に保冷剤が入っているものは
かみちぎってしまうと危ないので要注意。

■大理石などの石の板
ひんやりした石は犬の体温を下げてくれます。
表面がツルツルしている者のほうがひんやり感が強いです。

■アルミボード
上記の大理石と似ていますが、こちらもワンちゃんを冷やしてくれます。
ただ、大理石よりも温度が上がりやすいです。

編集後記

最近の夏の暑さはホントにハンパないですよね!
毎年最高気温を更新し続けているような気がします。

大事な家族の一員であるワンちゃんが快適に過ごせるよう
飼い主である人間はできる限りのことをしてあげたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP