海外旅行保険は必要か?クレジットカードでもいいの?

年末年始などの長期休暇はもちろん、週末を利用して開倍旅行をする方も多いと思います。

激安ツアーはたくさんあるので、ヘタすると国内で1泊するよりも海外旅行のほうが安い時もあるんですよね~
海外がとても身近になりましたが、そんなときに気になるのは海外旅行保険のこと。

「もしも」の時のためにかける保険ですが、旅行代金をなるべく安くしたかったり旅行期間が短期だったりするとナシでもいいかな~と考えてしまいますよね。

海外旅行保険はやっぱり必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

海外旅行保険は必要か?

保険に入ったほうがいいかも・・・とわかっていても、お金がもったいないという気持ちのほうが強いとつい見送ってしまいがち。

今まで事故や盗難に遭ったことがないなら、余計に要らないかな~って思うかもしれませんね。

海外旅行保険は必要かそうでないか?の答えは「必要」です。
万が一の事態は、旅行期間の短さや旅行場所の遠近は関係なく起こるからです。

海外で盗難や病気・事故などの発生率は3~4%程度ですが、いつどこで何が起こるかはわかりませんし発生率が少ないからといってその中に自分が入らないとも限りません。

例えば急に具合が悪くなった時に病院にかかりたくても海外では言葉の問題があったり、手持ちのお金がなければ治療さえ受けられないことだってあります。

海外で困ったことが起こったときは、相談することも誰かに頼ることもできないことを痛感します。
だからこそ海外旅行保険に加入していれば、いざというときとても心強いんです。

例えばコレクトコール24時間対応で保険会社に連絡すれば、日本語の通じる病院や治療費の建て替えが必要のない病院・通訳サービスなどを受けることができます。

旅の安心は意外と安い金額で買うことができますので、出発前に必ず海外旅行保険に入るようにしてください。

保険はネット上からも申し込みできますし、空港でも出発前の時間を利用して当日加入することができますので気軽にのぞいてみましょう。

空港カウンターなら旅行保険についての説明が聞けたり保険内容のカスタマイズができますので、いろいろ相談しながら決めたいなら断然カウンターがおすすめです。

保険内容のカスタマイズはできませんがスピーディーに加入を済ませたいなら、空港に設置されている自動契約機でサクッと終わらせてしまいましょう。

ただし空港での加入の場合は自宅から空港までの間は無保険となってしまいますので、できる限り出発する前までに何らかの形で加入しておくのが一番いい方法です。

海外旅行保険はクレジットカードでもいいの?

旅行保険を考えるときに、ちょっと待てよ!?と保険加入のストッパーになるのがクレジットカードの存在です。

各種クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯していることが多いので、もしかしたらこれで済むのでは?と考えると思います。

一般的な旅行保険とクレジットカードの付帯保険での違いは、補償金額や期間・対象範囲や支払方法などの差です。

中でもクレジットカードの付帯保険には、病気死亡保障がないという点が一番の違いとなります。
ただ普通に考えると自分が病気の状態で旅行するというのは考えにくいですから、それほど問題ではないかなと個人的には思います。

それよりも海外旅行でよく使われるのは疾病傷害治療費用や携行品損害などですから、それに関する保険があるかどうかや補償額がしっかりしているかのほうが大事です。

お手持ちのクレジットカードの内容にもよりますので、まずはどんな補償があるのかをチェックしてみましょう。

補償額は万が一の時に役に立つ額か?キャッシュレス診療に対応しているか?なども確認しておいた方がいいです。

その上でクレジットカードの付帯保険ではまかないきれないものを、普通の海外旅行保険でその分を補うよう加入しておくと安心。
予めセットされた保険ではなくバラ掛けにすれば必要なものだけに絞って保険をかけられますしね。

そのカードの保険内容で通常の海外旅行保険に近い内容であれば、わざわざ保険を掛けなくともクレジットカードの付帯分で十分な場合もあります。

手持ちカードに付帯している保険の適用範囲なんて確認しない事も多いので、ぜひこの機会に見ておきましょう。

また、クレジットカードの補償額は合算可能なので数枚持っているなら、補償額や内容によってはクレジットカード付帯の保険だけでも事足りる場合もあります。

おわりに

学生時代からいろいろな場所に海外旅行してきました。

いままで事故などもなく旅行保険にお世話になったことはないのですが、病気や事故・盗難に遭ったひとの話をよく聞きます。

例えばパリの地下鉄内で自分の周りを取り囲まれて気が付いたら持っていたバッグからお財布が消えていた!とか、首にかけていたカメラを後ろから来たバイクに持っていかれた・砂浜を裸足で歩いていたら足の裏がざっくりと切れてしまった・・・など知らない土地では予想もつかないことが起こります。

とっさの時に相談できるのはやっぱり保険会社なんですよね。

盗難や犯罪の場合は、もしかしたら現地の警察でさえグルになっていることだってあり得ますから相談しても無駄ってこともありますし。

もしもの時に慌てず対処して良い思い出のまま現地から日本に帰ってくるには、保険は必要なんじゃないかと今まで旅行してきてそう思います。

保険を使わなかったら掛け損!ではなく保険を使わなくてよかった!という思考回路に切り替えれば、「もったいない!」と思わなくなるかもしれません。

安心がお金で買えるのはありがたいんだと気が付くのは、何かあった時なのです^^

スポンサードリンク

関連記事

子供用浴衣ドレスの着付けは?かわいい着方のポイントや髪型は?
浴衣で下駄に足袋は変? 痛くない方法は?
車の臭いの原因 エアコンとタバコ対策とは?
ローリエの使い方や料理以外には?どんな効果があるの?
部屋干しの臭いを防ぐ洗濯のコツや場所は?早く乾かすには?
スーツケース パッキングのコツは?割れ物やグッズは?
カセットコンロボンベ違うメーカーOK?価格や処分は?
ハロウィンホームパーティー飾り付けは?ゲームは?料理は?
スエードブーツカビの手入れは?雨と保管方法は?
一人暮らしの冷蔵庫は中古でもいい?サイズは?野菜室必要?
雨の日に靴が滑るのを防ぐおすすめの対処法は?
パスモのチャージはコンビニでできる?その他の場所は?
汗染みによる黄ばみの落とし方は?色物や麻は?
浴衣の洗濯方法は?帯は自宅で洗える?
ワイン赤白の違い 味は?選び方や飲み方は?

Menu

HOME

TOP