ステーキの美味しい焼き方 フライパンなら?ジューシーにするコツは?

ちょっと高級なお肉をいただいちゃった♪なんてこと、ごくたま~にありますよね^^

せっかくのお肉ですから焼いたらカチカチになっちゃった!なんてことがないように、肉のうまみを逃さず美味しく仕上げたいものです。

でもステーキを焼く機会なんてそれほどないですからうまく焼けるかなあ・・・とちょっと不安かもしれません。

家庭でフライパンを使い上手に焼くにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

ステーキの美味しい焼き方 フライパンなら?

ステーキの焼き方がいまいちで、お皿に盛りつけたあと肉汁がお皿いっぱいに流れてしまったりお肉が固くパサついてるとガッカリしてしまいますね。

家庭でステーキ肉を焼く時は、どんなことに注意すればおいしくジューシーに仕上げることができるのでしょうか?

ここではフライパンを使った場合のお肉を焼く前・焼き方・焼いた後について注意すべきポイントをご紹介します

ステーキの美味しい焼き方 下準備編

■筋切りする

ステーキ用の肉をまな板に乗せて、気になる硬いすじがあったら包丁でカットしましょう。
赤身と脂肪の境目をチェックしてくださいね。

この処理を省いてしまうと焼いた時に反り返ったり焼きむらが出ますので、筋切りをすることが大切です。
下処理が終わったら肉の形や厚みが元通りになるよう手で整えておきます。

■室温に戻す

ステーキを美味しく焼くために絶対に外せないのが肉を常温に戻しておくことです。

焼く予定時間の30分~1時間前に肉を冷蔵庫から出し常温に戻しましょう。
冬の寒いキッチンに置いておくなら2時間前程度に出すのがよいです。

冷蔵庫から出して冷たい肉をそのまま焼いてしまうと焼きムラが出る・表面は焼けているのに中はまだ火が通ってないなどの原因になりますので必ず肉の温度を常温に戻してくださね。

また、冷凍されている肉を使うなら前日に冷蔵庫に移してゆっくり解凍しておけばOKです。
あればチルドルーム等で時間をかけて解凍すれば、肉の繊維も壊れずドリップもあまり出ないのでおすすめです。

■塩コショウは焼く直前に

塩コショウは味付けのためでもありますが、肉のうまみを逃さず美味しく焼くためにも重要なものなのです。

塩コショウをするタイミングはステーキを焼く直前または10分前がベストです。

塩には素材の水分を引き出す特性がありますので、肉に塩を振って長く置いてしまうと肉汁とともに旨みも外に出してしまい焼き上がりもジューシーに仕上がりません。

なので、お肉にしっかりした味をつけてなじませておこうと何時間も前から塩コショウをしてしまうのは絶対に避けましょう。

また、塩こしょうする時は肉より30センチくらい上からふると均一にできます。

■お皿を温めておく

ステーキを盛りつけるお皿も温めておきましょう!
鍋にお湯を沸かしておき、その上に置いておけばOKです。

ステーキの美味しい焼き方~盛りつけ

ココからはステーキの焼き方とともにポイントを見ていきましょう。

(1)まずはにんにくを

フライパンに牛脂と薄切りにしたにんにくを入れて焦がさないように揚げ焼きしましょう。

牛脂がなければサラダ油でもOK。あっさり目に仕上がります。

(2)肉を焼きます

(1)で使ったフライパンを再度火にかけて鉄のフライパンなら煙が出るくらい熱くしましょう。

テフロンの場合は強火でやってしまうと加工部分が痛みますのでほどほどの火で時間をかけて熱くしてください。

ステーキ肉の表になる方から焼きます。
肉を動かさず強火で1~2分焼くと肉汁が浮いてくるのでそれを合図にひっくり返します。

ワインを入れてジュワ~っと焼いてる時に火が入りファイヤー状態にします。

火がおさまったらガスを止めて肉を出しホイルで包んでガス台周りの温かい所に置いて2~3分そのままにしておきます。
(余熱でも火が入りますので、自分の好きな焼き加減になるよう放置時間を増減してくださいね。)

焼けた跡すぐに肉を切ってしまうと肉汁がダーーっと出てしまいますが、ホイルに包んで数分放置することで美味しい汁が肉に戻りジューシーに仕上がります。

最後に温めておいた皿に肉とつけ合わせの浅いなどを盛りつけたら完了です。

以上が焼き方の流れになります。
ポイントは強火で焼くこと・ひっくり返すのは1度だけ・アルミホイルに入れて肉汁を戻すことの3点です。

アルミホイルに入れている間にソースを温めたりすればあっという間に時間がたっちゃいますよ。

シンプルに塩コショウも良いですが本格的にステーキソースを用意しても良いですね^^

編集後記

たまにはガッツリお肉もいいですよね♪
大きなお肉を焼くのは最初ちょっと緊張しますが、一度やってみると案外簡単にできると思います。

ステーキはお店で食べるものという概念がひっくり返るかもしれませんよ^^
美味しいおウチステーキを焼いて楽しみましょう!

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP