洗濯機の掃除 簡単ごっそりカビ落としする方法は?

毎日使っている洗濯機ですが、これが意外と汚れているんですよね。
洗濯機を買ってから何年もたってるけどまだ一度も槽掃除をしたことがないならぜひやってみてください!

こんなに汚かったの?!とびっくりするほどの汚れやカビが浮いてくるはずですよ(^v^)

このページでは簡単に洗濯機の掃除をする方法をはじめ、洗濯槽をきれいに保つために掃除はどれくらいの頻度でやったら良いのか?汚さないために気をつけたい事についてもご紹介します。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除 簡単ごっそりカビ落としする方法は?

洗濯物を洗ってスッキリした!と思っていても実はその洗濯槽がカビだらけだったとしたら・・・!

日頃から洗濯物がどうも臭うな~なんて悩みがあるならもしかして洗濯機の汚れが原因かもしれません。

洗濯機のお掃除は時間はかかるものの思っているよりやり方は簡単にできますので試してみる価値ありです♪

ではさっそくお掃除方法をご紹介しますね。
ここでは衣類の漂白にもよく使われる「酸素系漂白剤」を使って洗濯機をきれいにしてみたいと思います。

ここで注意すべきポイントは漂白剤の種類です。
衣類用の漂白剤には塩素系と酸素系の2種類がありますがここで使うのは「酸素系漂白剤」ですのでしっかり表示を確認し間違わないようにしてくださいね。

塩素系漂白剤は洗濯機をサビつかせるなどの不具合をもたらす場合もありますのでここでは使いません。

市販の洗濯槽クリーナーは塩素系のことが多いので表示を確認しましょう。

というわけで用意するものは・・・
★酸素系漂白剤500g(粉末の方が汚れをよく落としてくれるのでがおすすめです)
(洗濯機の大きさによっても量は違いますので水10リットルに対し100グラムが目安ですので加減して使いましょう)
★45度のお湯
★ごみすくい用の網

まずはごみくずネットなどの付属品はすべて取り外したらスタートです!

(1)洗濯機に酸素系漂白剤とお湯を入れて洗濯槽いっぱいにためます。

洗濯槽に水しか入れられない時はお湯を沸かしておいて半分以上水がたまったら様子を見ながらお湯を混ぜればOKです。

45度のお湯を使うと漂白剤がうまく作用し汚れが落ちやすくなりますので水でなくお湯を使うのが最大のポイントです。

また、液体ならそのまま投入OKですが粉末の酸素系漂白剤ならお湯であらかじめ溶かしておいたものを加えるのを忘れないでくださいね。

そのまま入れてしまうと洗濯槽の中で溶けたかどうかが確認できませんので溶かしておいた方が安心です。

(2)洗濯機を洗いコース「のみ」で10分回して裏側の見えないところにこびりついたカビや汚れに浸透させふやかします。
普通に洗濯コースで回してしまうと脱水で水が全部流れてしまいますから必ず「洗いだけ」にしてくださいね。

(3)このまま3時間~1晩置いて汚れを完全に浮き上がらせましょう。

(4)浮いてきたゴミをネットや網ですくい取ります。
これをそのまま流してしまうと排水溝が詰まる元ですし、次に洗濯した時に浮いてきたアカやゴミが衣類についてしまいますので必ず取り除きましょう。

そのあと洗いだけで5分回し、もう一度ゴミをすくい取ったら洗濯機を通常通り「洗い・すすぎ・脱水」で1回します。

その後ゴミ取りネットを洗濯機にセットしたら、きれいな水で洗いから脱水まで通常通りに1回まわして仕上げ洗いをしましょう。

すべて終わったら洗濯機のふたは開けておきしっかり乾燥させます。

洗濯機の掃除頻度は?

洗濯槽の掃除はどれくらいの頻度でやったらきれいに保てるのでしょうか?
おすすめは2~3か月に1度くらいです。

ドロドロの汚れものが多いなら1か月に1度やってもOK。
洗濯機を使う頻度や汚れ物の度合いによって頻度を適度に変えてくださいね。

継続的にお掃除をしておけば洗濯機も長持ちしますし洗濯物もいつもスッキリ洗えます♪

洗濯槽を汚さないためには?

毎日洗濯をすれば汚れやカビがつくのは仕方のないことですがちょっとの工夫でそれを少しでも減らすことができます。

洗濯槽を清潔に保つためのポイントは3つ。
■洗濯機を使い終わったらふたは閉めない。
開けて乾燥させておけばカビや臭いが発生しにくい。

■洗剤の量はしっかり計って使いましょう。多すぎるとせっけんカスが汚れの原因になります。
また、ナチュラル系の粉末洗剤は溶けにくいので最初にしっかりとかして使うようにしましょう。

■洗濯物を洗濯機の中に入れっぱなしにするとカビが生えやすいので汚れものは洗濯かごに入れて保管。
特にバスタオルなどはカビが生えやすいし臭いも付きますから要注意。

どれもついついやってしまいがちですが、こういった小さなことの積み重ねで洗濯機も洗濯物もきれいに保ち洗い上げることができますのでぜひ注意してみてくださいね。

編集後記

洗濯機の掃除をした後は洗濯ものもスッキリ洗い上がりホントに気持ちがいいです!
洗濯物からは生乾きのようなにおいもなくなりますし白いものもきれいになります。

洗濯槽の掃除は「よしやるぞ!」と思わないとなかなかやる気にならないかもしれませんが、一度あの汚れを見てしまうと次回からはやらないではいられない・・・!というふうに変わるかもしれません(^v^)

スポンサードリンク

関連記事

すき焼きの肉一人前の量や部位は?しゃぶしゃぶ用でもいい?
レースカーテンのカビ落としやキッチンハイターは?防止するには?
お彼岸の結婚式は縁起が悪い?非常識って思われない?フォローの仕方は?
祝電結婚式の送り方は?宛名は新婦の旧姓?欠席文例は?
アルバイト面接の服装 女は?チノパンOK?髪型は?
祝儀袋 ふくさの包み方や渡し方は?入らない時は?
シルバーウィーク銀行やってる?窓口やatmは?
冬至 ゆず湯の作り方は?終わったら捨てる?洗濯に使える?
スイカの選び方や音は?食べ頃の見分け方は?
梅干し土用干しの後は?梅酢の保存方法や使い道は?
夏の暑さ対策グッズで窓用は?フィルムやスプレーは効果ある?
カーボンヒーターとハロゲンの違いは?電気代比較と寿命は?
押入れのカビを除去する方法は?臭いを消すには?対策は?
灯油去年の残り石油ストーブに使える?処分方法と抜き方は?
スエードブーツカビの手入れは?雨と保管方法は?

Menu

HOME

TOP