炊飯器で保温したご飯が臭い原因は?適切な時間は?

日本人ならやっぱりごはん♪
朝はパンの家庭もかなり増えているようですが特にお米の美味しい季節はご飯の美味しさをしみじみかみしめたりしますよね。

そんなおいしいご飯ですが、炊飯器で保温しておいたらな~んか臭い!って感じる時ありませんか?

炊飯器の掃除はそこそこやってるのに、どこからともなく臭うご飯が気になる・・・食べられないわけじゃないけどどうも箸が進まない。
せっかくのお米が台無しっていうのはちょっと困りものです。

このページでは炊飯器で保温したご飯が臭い原因や炊飯器での適切な保温時間をご紹介します。

スポンサードリンク

炊飯器で保温したご飯が臭い原因は?

せっかく炊飯器で炊いたご飯が保温しただけで臭くなっちゃうとしたらちょっと残念。
お掃除が甘かった?
それとも炊飯器自体に問題アリ?
いったい何が原因なのでしょうか?

■お米が古い

古米・古古米など古いお米ほど炊くと臭いが出やすい傾向にあります。

また、虫食いが多いとか黒っぽくなってる、欠けてるなどお米の品質が悪いものもニオイがしやすいです。

■お米の研ぎ方に問題アリ

料理本を見るとお米を研ぐのは簡単で良いと書いてあったりしますよね。
栄養が流れてしまうのでさっと水を変えるくらいで良い!と。

ホントにさっとすすぐ程度であまりにも濁りが残ったままの状態ですと炊飯器で炊いたご飯はにおいやすくなります。

自分でも実際にやってみましたが、特に夏はしっかりお米を研いでから炊いた方が臭いが気になりにくかったです。

また、お米のとぎ方にもポイントがあります。

研ぎ始めは洗い水に糠がたくさん出ますのですぐ水を捨ててお米が糠の出た水を吸わないように注意してください。
ウチではお米をざるに入れて水道で流しながら洗います。

ざるの下にボールをかませて水をためながら洗うと、ぬかの臭いがそのまんま移ってしまうんですよね。
私も最初、これに気がつくまでずーーーっとご飯が臭くて悩んでいました。

なのでお米をざるに入れて水道でそのままお米を研げば糠の付いた水はそのまま下に流れますのでお米に再吸収される心配がないのでおすすめです。

■米とぎ後の浸水時間が長い

お米を研いで水を入れ夜セットして朝炊き上げるというのは良くあるやり方ですが、気温が高い夏は浸水時間が長いと米や水が悪くなりやすいです。

傷んだ状態のものを炊飯器で炊くのですから当然できたご飯も臭いがします。

その対処法として一番良いのはボールにお米と水を浸水させた状態で冷蔵庫保存したく時に炊飯窯に移して炊くことなのですが、それだと夜にタイマーをセットして勝手に炊き上げてもらうことができなくなってしまうというデメリットがあります。

その他の方法としては浸し水に氷または氷水を使う・お酢を少量加えておくなどがあります。

もし夜にセットするのでなければ、ご飯を炊く前に再度水を入れ替えてから炊くと臭いが気になりません。

■保温温度が問題

長いこと使っている炊飯器ですとだんだん機能もおかしくなってくるもの。

例えば通常の保温温度まで上がらず低いまま保存している可能性もあります。

一般的に保温温度は60~70度前後に設定されていますが、それより低いと雑菌繁殖するためニオイが発生する可能性もあります。

■汚れが残っている

きちんとお掃除しているようでも粘り気のあるご飯の汚れはこびりついてなかなかとりにくいものです。
パッキンや内釜などに汚れが残っていませんか?

お掃除は炊飯器の内側ばかりに目がいきがちですが炊飯器のふたの外側にも取り外せる部分があります。
炊飯時に湯気がシューーーっと勢いよく出る場所が汚れていないかも確認してくださいね。

■保温時間が長い

炊いたご飯は保温時間が長いと臭いが付きやすいだけでなくご飯がカピカピに乾燥したり色が変色したりと味の面でも良くないですし、保温って電気代も意外とかかるんですよね。

ご飯を炊飯器で保温するのはいつでも温かいご飯が食べられるメリットはありますが長時間はあまりおすすめしません。

ある程度の時間を超えるとご飯の味やにおいに影響が出てきますので保温時間はほどほどに…が鉄則です。

炊飯器で炊いたご飯の適切な保温時間は?

やはりある程度の保温時間を超えるとせっかくのご飯がおいしくなくなってしまいます。
では美味しく保っていられる飯の適切な保温時間はいったいどのくらいなのでしょうか?

ご飯を美味しく保温できる時間はお使いの炊飯器によっても違いますのでお手元にある取扱説明書を引っ張り出して確認してみましょう。

ただし、取扱説明書に書いてある保温時間はあくまで目安にしてください。

お米を炊く条件や米の状態などによっても違いますから、○○時間大丈夫と書いてあったからと言って必ずしも当てはまるというわけでないからです。
炊飯器で試しに何時間たったらどうなるかを自分で実験してみるのが一番わかりやすいし納得いくかもしれません。

最近の炊飯器はどんどん進化していますのでご飯を美味しく保つ機能もぐ~んとアップしました。
長いものだと30時間保温でも変わらず美味しいとしているメーカーもありますが、一番多いのは12~24時間保温です。

自分でも実際に炊飯器でご飯の保温実験をしてみましたが、個人的には12時間くらいが限界かなあ~という気がしました。

なので長時間炊飯器で保存するよりも小分けして冷凍庫に入れてしまったほうが電気代もかからないと言われていますし、味の方もおいしいうちに冷凍したほうが良いと思います。
保温しておく場合はなるべく早く食べきるようにしましょう。

編集後記

炊きたてのご飯ってホント食べ飽きないですよね♪

特に新米の季節は3食ご飯にしてしまうくらい好きなのですが最近は糖質制限とかでご飯類を食べないとか残す方も多いですし。

この間ニュースでお寿司のシャリを残す人が増えてると知ってすごく驚きました!
ごはん好きの自分としてはちょっとびっくり。
人により食べ方は色々ですね~(笑)

スポンサードリンク

関連記事

生さんま消費期限は?冷凍保存できる?解凍してお刺身ダメ?
枝豆の茹で方 美味しいポイントは?塩の量や時間は?
オクラは生で食べられる?効果的でおいしい食べ方はこれ!
シュトーレンの日持ち 手作りなら保存は冷蔵庫?
冷やし中華弁当の麺がくっつかない&のびない方法やコツは?
生姜焼きに最適な肉の部位は?柔らかく仕上げるには?
数の子の塩抜き方法 短時間で美味しく戻すには?
身欠きにしんの戻し方や美味しい食べ方は?
らっきょうの漬け方 簡単でカリカリのを作るには?食べごろは?
はまぐりの砂抜き方法や保存の仕方は?
たけのこの保存方法 は?期間や使い方は?
ローストチキンおいしい温め方や残りアレンジは?骨でスープは?
チーズフォンデュ 種類は?分離した時や余ったら?
ゴーヤの苦味を消す方法 栄養は?レシピ 人気のサラダは?
あんこの保存方法や期間はどれくらい?

Menu

HOME

TOP