冷房病の原因や症状は?対策は?

夏の暑い時期は自宅でも外出先でもクーラーが欠かせませんが、冷えた部屋にいるとどうも体調が悪くなるといった声も多く聞かれます。

気がつかないうちに冷房で体調不良を起こしてしまうのもこの時期ですので気をつけたいですね。
もしかしてこれって冷房病?という時はその症状を見極めて予防対策しましょう!

スポンサードリンク

冷房病の原因は?

冷房病はクーラー病とも言われていてずっとクーラーの付いた涼しい部屋で過ごしていたり、温度差のある外とクーラーの涼しい部屋に出入りすることで自律神経のバランスが乱れて体のあちこちに不調が出るというものです。

クーラーのきいた部屋では交感神経が働いていますが、ランチやトイレなどで別の部屋に移動する時は副交感神経が働きます。

例えばその部屋の温度差が5度以上ある場合、自律神経が体温調節に対応できる範囲を超えてしまうのです。

真夏なんてひどいところではエアコン設定を20度にしちゃうところだってありますから、その日の外気温が35度だった場合その差はなんと15度!

これでは体だって悲鳴を上げてしまいますよね。

冷房病の症状は?

自宅でクーラーをつけているなら温度設定や風の向きを調整したり、ドアを開けて空気の流れを変えるなど好き勝手できますが会社などの外出先ではなかなか難しいものですよね。

特に女性はもともと冷え症の方も多いので冷房が直接当たらないようにひざかけをしたり羽織りものを用意したりと工夫していることが多いですが、男性ですと何の用意もなく自分が冷房病だと気がつかないことも多いです。

冷房病が原因で起こりやすい症状は?

では冷房病になると一体どんな症状が出るのでしょうか?
★頭痛
★腹痛
★体がだるい
★肩コリ
★吐き気
★疲れやすい
★食欲がない
★腰痛
★下痢しやすい
★手足が冷たい
★めまい
★イライラする
代表的なものでは以上のような症状があり特に多いのは頭痛や体のだるさなどです。
特に思い当たるような理由もなく夏になるといつもこんな症状が起こるという時は冷房病を疑ってみてください。
スポンサードリンク


冷房病の対策は?

冷房病の時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?その対策法をご紹介します

■エアコン設定温度を高めに

室内と外気温の温度差があまりにも大きいのはいくら涼しくて快適でも体にとっても負担が大きいです。
エアコンの設定温度は28度を基本にし寒くしすぎないようにしましょう。

■エアコンの風を直接あびない

エアコンの風を直接あびると体温が奪われますので体調を崩す元。
ルーバーを動かしたり風量を調節するなど工夫しましょう。

扇風機やサーキュレーターも活用するとよいですね。

■ひざかけやカイロなど保温グッズを活用

長時間エアコンの効いた部屋にいると体が冷えてしまいますのでひざかけなど保温グッズを利用して足腰など下半身を温めましょう。

カイロなら腰に貼っておくと下半身が冷えずに快適です。
他には、腹巻きやレッグウォーマー、電気あんかなどもありますので状況に応じて使ってくださいね。

■マスクをする

マスクをしていると顔の半分程度は隠れるので意外と温かいもの。
クーラーで空気も冷たく乾燥している時はマスクをして防ぎましょう。

■首を温める

寒さ対策には首を温めるのが一番手っ取り早いとされています。

タオルを首に巻いてもいいですし(オフィスだとちょっと恥ずかしいですが)スカーフなどをさりげなく巻くのもおすすめです。

■冷たいものは控えめに

暑い時こそ冷たい飲み物・食べ物がおいしいですが体を冷やしてしまいますので、できれば飲み物なら温かいものを。無理なら常温のものを飲みましょう。

飲み物に氷をいっぱい入れてキンキンに冷やす、氷をガリガリかじるなどはNG。
冷たいアイスクリームはほどほどに。

冷たいものは胃腸の機能が低下するだけでなく血行を悪くしたり体の老廃物がたまりやすくなりますので要注意です。

■湯船につかる

夏はシャワーにしがちですが、湯船にお湯をたっぷりはって全身を温め血流を高めましょう。

■軽い運動をしましょう

週2~3回でいいので20~30分程度の軽いウォーキングをして自律神経を整えましょう。
運動で汗をかくようになると体温調整をしやすくなるとされています。

編集後記

会社などではエアコンの設定温度を変えるのってかなり難しいですよね。
自分は寒いと思っていてもオジサンたちや太ってる人は汗だくだったりしますし。

温度を力ずくで変えるよりも完全防備で寒さを防いだ方が、人とのいざこざが起こらないので良いと思います。

エアコンの設定温度を変えるのって案外人間関係のいざこざが起きやすいんです!
私の前の職場がそうで、パネルをいじろうもんなら遠くからでも睨まれたりして大変でした(笑)

文句を言わず、でも寒そうにしていると他の人が気を使ってくれるパターンが多いのでそれを期待するのも手かも♪

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP