さば水煮 缶詰の残り汁はどうする?栄養や活用法は?

フタをパカッとあけるだけでいろんな料理に使えるサバ水煮缶はキッチンにストックしている方も多いはず!
ちょっと前までダイエットにいいと話題になりすっかり品薄になった時期もありましたよね。

さてさて。料理にサバの水煮缶を使った時に「残った汁どうしよう?」と迷うことありませんか?
お魚の身は使っても、缶詰の汁は使い道がイマイチ分からなくて捨てようか・・・でももったいないかなと悩んでしまいますよね。

このページでは・・・
・さば水煮 缶詰の残り汁はどうする?
・さば水煮 栄養は汁にもある?
・さば水煮の汁を活用する方法は?
3つの疑問を解決します

スポンサードリンク

さば水煮 缶詰の残り汁はどうする?

さば水煮缶を開けてみると意外とその汁が入っているもの。
ツナ缶の油程度なら「まあいっか」となりますが捨てるにはう~ん・・・と悩む量です。

汁はニオイが強いので「臭いし捨てる!」という方もいれば「ごはんにかける・飲む!」なんて人もいたりして残り汁の扱いは人それぞれ。

汁の臭いは調理方法を工夫すれば消えますのでやはりそのまま汁を捨ててしまうにはもったいないですが、水煮の汁には塩分も含まれていますのでそのまま飲んだりするのはあまりおすすめしません。

さば缶の汁を利用して野菜もたくさん食べれるよう料理の味付けに使ってみましょう!

さば水煮 栄養は汁にもある?

「臭い」や「好き嫌い」などの理由でさば缶の汁を捨てるかどうするのか?を決めてしまうことも多いですが、実はさば水煮缶の汁には栄養もたっぷり含まれていますのでこれを捨てるって本当はとってももったいないことなんです。

さば水煮缶を作る時って、缶詰に生のサバと塩水を入れてから加熱処理をするものなので缶詰の中には旨みだけではなく栄養成分がそのまんま残っているんです。

水煮の汁に浮いている油にはEPAやDHAが含まれていてこの2つの成分は体の中で作ることのできない栄養素です。

血液の流れをスムーズにしたり脳の働きを活性化する効果が期待できるほか、脳梗塞や心筋梗塞の予防、うつ病や糖尿病にも良いとされていますからさば水煮缶の残りの汁を捨てるのは栄養を丸ごと破棄ってことです。

さばの身も残り汁も余すところなく使い切りましょう!
スポンサードリンク


さば水煮の汁を活用する方法は?

栄養たっぷり詰まったさばの汁はどうやって使えばいいのでしょうか?

一番簡単なのは鍋や味噌汁、煮もののダシとして使うこと。

適度に塩分もありますので味付けにもぴったりなんです。
さばの臭みが気になる時はしょうがを多めに入れると気になりにくいかも。

例えば豆腐やなネギ、キャベツなどの野菜と一緒に煮てヘルシーな和風スープにすれば栄養を残らず取ることができます。
さばカレーにして汁ごと全部使ってもいいですし、トマトとの相性がいいので野菜とさば缶のトマト煮込みも人気メニューの一つです。

その日の献立によってはさばの汁が使えない・・・なんて時もありますが汁をラップに包んで口をゴムで縛った状態で冷凍保存しておくと都合の良い時に解凍して使えますから便利ですよ。

ウチではこうやってさば残り汁をストックしておいてうどんの煮汁に入れてダシ代わりにしています。
かつおだしや鶏ガラスープと併用して使うとよりうまみが強くなりますのでぜひお試しくださいね。

また、身だけを使って汁を残すのではなく汁ごと全部使ってしまうのも良いです。

例えばサバそぼろなどは缶汁ごと鍋に入れて調味料と一緒に煮詰めてしまえば、うまみも閉じ込めることができますし缶汁に悩みむこともありませんね!

美味しくてボリュームもあるさば缶で栄養一派の美味しい料理を作りましょう♪

編集後記

さば缶ダイエットの影響でスーパーの棚からすっかり消えてしまったのをきっかけに、いつの間にかお値段も値上がりした気がします。

さば缶はお手軽で安いって印象だったのに、これなら生の魚買ったほうが安いかな?なんて思うような高級さば水煮缶もありますしね。

なので最近はお気に入りのメーカーのさば缶をネットで安く売ってるところを探してまとめ買いをするようになりました。

お気に入りはお値段もそこそこのキョクヨーのものです。
さば缶なら200円は嫌だなあ~150円程度でないかな?と探した時にこれがちょうど良かったんです。

キョクヨー さば水煮(190g)
価格:150円(税込、送料別)

これより安いサバ水煮缶はあるのですが量が少なかったり、余計な材料が入っていたり(例えばアミノ酸やデンプンなど)するんですが、キョクヨーのはさばと天然塩だけのシンプルなものなのでずっと使っています。

これでいつでも好きな時に使えるのでとっても便利!
それに年単位で保存できる缶詰は災害用のストックとしても使えるので手元に置いておくと安心ですからネ♪

関連記事

さんまの塩焼き内臓食べる?寄生虫いる?取り方は?
カニ鍋おすすめの具材やだしは?しめは?
たけのこのゆで方や米ぬかがない時は?半分に切っていい?
栗の剥き方 簡単なのは冷凍?圧力鍋は?ゆで時間は?
キムチ鍋の作り方や具材のおすすめは?人気のしめは?
梅酒の作り方 梅の選び方は?完熟や傷があってもいい?
焼き豚の美味しい食べ方は?温め方や保存方法は?
シュトーレン日持ち手作りは?保存は冷蔵庫?美味しい食べ方は?
新玉ねぎを水にさらすと栄養は?生の効能や食べ方は?
里芋 保存の仕方は?温度や期間は?冷凍方法は?
古米臭を消すには?おいしく炊く方法は?ピラフレシピで食べ切り!
そら豆の茹で方は?さやごとがいい?臭いが気になる時は?
大根の保存 冷蔵庫や茹でたのは?冷凍やおろしは?
お歳暮のハムおいしい食べ方は?薄く切る方法や保存は?
ローストチキンおいしい温め方や残りアレンジは?骨でスープは?

Menu

HOME

TOP